たった5分で完了!楽ラップの口座開設ラクラク3STEPを画像で紹介




カワダ
どうも!ロボアド部のカワダトモキです。

ロボアドバイザーの口座開設って初めての方からしたら、

「どんな手順で登録を進めればいいの?」

「失敗したくないし、かかる手間とか必要書類などをあらかじめ知っておきたいな。」

って多くの人が悩むポイントですよね。

特に楽ラップの口座開設では、他のロボアドバイザー会社と比べて、勤務先登録や国籍登録といった開設手順が若干多く、正直ちょっとめんどくさいです。

ただし開設さえできちゃえば、株式投資やFX投資など、他の投資も新たに口座開設をすることなく始めることができちゃいます。

「ゆくゆくはロボアドバイザー以外の投資にも挑戦してみようかなぁ。。」

なんて考えている方にはとってもおすすめですから、この機会にしっかり開設しておきましょう。

そこで今回は、きっと僕みたいに「口座開設で失敗したくない」って悩んでいる方がいるだろうと思って、必要書類や楽ラップで口座開設をする際の全手続きを画像つきで紹介します。

この記事で紹介する通りの順番で登録をすれば、問題なく口座開設できますよ。

こちらのボタンから楽ラップの口座開設画面を開いて、あとは記事で紹介する通りに開設してみてくださいね。

「楽ラップ」の口座開設はこちら

口座開設をする前に用意しておくもの

口座開設って言っても、下準備が必要です。

口座開設の前にあらかじめ準備しておくべき必要なものは

必要な本人確認書類
本人確認書類
マイナンバーカードorマイナンバー通知カード
楽天ID(なくても大丈夫だがあるとスムーズ)

の3つです。楽天IDはあれば便利くらいなので実際には2つだけです。

本人確認書類は運転免許証や住民票の写し、各種保険証などが利用可能です。

すでに免許証や保険証が手元にある人は問題無いですが、住民票の写しなどを利用する方はあらかじめ役所などで取得しておいた方がいいですね。

口座開設にはマイナンバーが必要になるので持っていない方は早めに取り寄せましょう。マイナンバーの発行には約1ヶ月ほどかかるので早めの準備をオススメします。

また、口座を開く際にネット上で自分の登録情報を記入するところがありますが、楽天IDをお持ちの方は登録情報の部分を省けてすごく楽です。

ちなみに、この楽天IDに関しては必須ではないのでIDを持っていない方でも全然問題ありませんよ。

必要書類が用意できたらあと5分で完了です!

楽ラップラクラク口座開設手順3ステップ

それでは口座開設の手順を説明していきます。

おおまかな流れはこんな感じ

  • ①総合口座の申し込み(仮登録)
  • ②本人確認アップロード
  • ③書類受取後、ログイン

この3STEPで口座開設は完了です。

それでは画像付きでやっていきましょう!

STEP1 総合口座の申し込み

まずはこちらから楽天証券の公式サイトにいきます。

①公式サイトにいき、右上の口座開設をクリック

ここからお客様情報の入力をしていきます。

②お名前の欄を記入
③性別、生年月日、ご住所の郵便番号を記入

④引き続き、ご住所の都道府県・市区郡・町村名・番地・部屋番号などを記入
※ご住所の番地に入る数字は全角で入力して下さい。
⑤電話番号・メールアドレス・ご案内メールの受信の有無を記入

⑥特定口座の開設、納税方法の選択

楽ラップで利益が出た場合、納税が必要となるため確定申告をしなければなりません。
ここでは納税方法、つまり確定申告の仕方を選択します。

選択肢は3つで

  • ⑴特定口座を開設して、確定申告を全て証券会社に任せる
  • ⑵特定口座を開設するけど、確定申告は自分でする
  • ⑶特定口座は開設せず、一般口座を開設して確定申告は自分でする

利益がでた場合、証券会社が確定申告までやってくれるので基本的にはオススメされている⑴で問題ないですね。

投資信託以外にも複数の収入や課税対象があり、普段からご自身で確定申告をして納税をしている方は一般口座の開設となる場合もあります。

投資経験があまりない方や普通の会社に勤めている方などは特に理由がなければ⑴で大丈夫ですよ!

⑦NISA口座の選択
⑧NISA口座を楽天証券に変更する

ここではNISA口座を開設するかを選択します。

NISA口座を開設すると上場株式や株式投資信託の利益・配当などが非課税になるので「まだ持ってないよー」という方はこの機会に開設しておくのもいいでしょう。

しかし、楽ラップではNISAの非課税枠を利用することができないので必要のない方は開設しないで大丈夫です。

他社でNISA口座をお持ちの方は楽天証券に変更することもできますよ。

⑨追加サービスの選択

あとは楽天証券で取り扱っているサービスを利用するかの選択となります。

・楽天銀行口座の申込の有無
・個人型確定拠出年金(iDeCo)の申込の有無
・楽天FX口座の申込の有無
・楽天信用口座の申込の有無

この4つの中で申し込みたいものがある方はこの機会に楽ラップの口座開設と共に申し込んでください。

ここまで入力が完了したら内容確認へのボタンをクリックしてください。

⑩重要書類への同意

規定等を確認したら「閲覧済」となり、規定等に同意のうえ〜のチェックボックスを選択後、「同意して次へ」をクリック!

 

ここまでで「STEP1 総合口の座申し込み」は8割型終わりました!

正直、口座開設をする際の面倒な作業はほぼ終わったと思ってくれて大丈夫です。(笑)

STEP2 本人確認アップロード

先ほど申込の際に登録したEメールアドレスに楽天証券からメールが届いているので、そちらから本人確認書類をアップロードしていきましょう!

 

①申請番号、生年月日を記入

楽天証券からのメールに申請番号が載っているので、申請番号とご自身の生年月日を記入します。

②名前を確認後、次へをクリック

③本人確認書類アップロード

免許証や各種保険証を本人確認書類として提出する場合は1枚目で表面、2枚目で裏面の2枚のアップロードが必要になります。

マイナンバーカードなどをお持ちの方は1枚だけのアップロードで大丈夫ですよ。

本人確認アップロードでの注意点

写真のご注意事項にも記載の通り、本人確認書類と総合口座の申し込みの際に登録した住所が異なる場合は手続きができないため、注意してください。

よくある例として、「まだ免許証が引っ越す前の住所のままだった。。」なーんてことがありがちですよね。

免許証を本人確認書類として使う方で現住所と免許証に記載の住所が異なる方は、前もって警察署で免許証の住所の書き換えを済ませておきましょう。

本人確認書類の写真の撮り方

本人確認書類を写真で撮ってアップロードする際にやり直しになっちゃうパターンとして

  • 書類が写真の枠からはみ出している
  • 光の反射で文字が見えない
  • 書類を手で持って撮影したため、指で文字が見切れている

などが挙げられます。

書類の写真を撮る際には、机などに置いて光の調節に気をつければ問題ないですよ。

上記のことに注意して本人確認書類のアップロードを一発クリアしちゃいましょう!

ここまでで総合口座の申し込みは完了です!

あとは口座にログインする際に必要となるログインIDとパスワードが記載された郵便物が楽天証券から送られてくるのを待ちましょう!

受け取りは簡易書留で、申し込みから3〜5日くらいで届きます。

STEP3 書類受け取り後、口座にログイン

書類を受け取ったら総合口座にログインしていきましょう。

口座にログインする際に、取引に必要な情報を登録していきます。

  • ログインパスワードの変更
  • 取引暗証番号の設定
  • 投資に関する質問への回答
  • 勤務先の登録
  • 国籍の登録
  • マイナンバーの登録

の6つの項目を登録していきます。

「え、また登録すんの…?」と感じるかもしれませんが、5分程度で完了するのでサクサク終わらせていきましょう!

①総合口座ログインをクリック

届いた書類にログインに必要なログインIDと初期パスワードが載っているので書類を見ながら進めていきます。

②ログインIDとパスワードを記入

※IDとパスワードは半角英字4文字+半角数字4文字の入力になります。

③取引に必要な情報を登録をクリック

④ログインパスワード変更

初期パスワードから新しいログインパスワードを設定していきます。

初期パスワードのままにしておき、もしパスワードが載っている書類を紛失してしまうと大変なことになりますよね?

ここでも大手証券会社らしいセキュリティー対策が垣間見えますね。

⑤取引暗証番号設定

取引をする際に必要な暗証番号を設定します。

⑥投資に関する質問

口座開設の動機
投資経験
ご興味のある投資商品
金融資産
投資目的

この5つの質問に回答していきます。

⑦勤務先登録

⑧国籍登録

⑨マイナンバー 登録

スマホのアプリからマイナンバー 番号を読み取る即時登録と郵送での登録の2つから選択できます。

郵送の場合はまた完了までに数日かかりますので、スマホを使っている方はアプリをダウンロードしての即時登録が圧倒的に便利ですよ。

マイナンバー の登録までできたら、口座開設は完了なので、あとは楽ラップを運用していくだけです!

無料診断

楽ラップでは運用前に、あなたのお金の管理の仕方やリスクに対する考え方を無料で診断してくれます。

全部で16コの質問に答えていくと、その回答から導き出した診断結果を元にあなたに最適な運用コース、資産構成比を提案してくれます。

例えば、リスク許容度が高く積極的に資産を増やしていきたい方だったら資産構成比率の割合をリターンの大きい国内株式や外国株式に多めに振り分けたり、

リスク許容度が低く、利益より資産を減らさないことを重視する方には株式の割合を減らし、安全資産である債券の保有割合を増やす運用コースを提案してくれます。


実はこの無料診断は楽ラップの強みの1つなんです。

無料診断は他のロボアドバイザー会社でもあるのですが、楽ラップはフィンテックベンチャーのFinatextと診断ツールを共同開発しています。

Finatextは25万人の登録ユーザーがいる「あすかぶ!」や、デモトレから基礎知識を楽しく学べる「かるFX」などの投資アプリを開発した会社です。

ロボアドバイザーシステムの開発でも実績があり、情報解析に長けているFinatextと提携しているため、楽ラップでは非常に精度の高い診断が受けられちゃうんです。

ちなみに無料診断は口座開設する前でも受けることができるので、先に診断を受けてから納得して口座開設するの良いですね。

入金方法

さて、無料診断まで終わってどのコースで運用していくか決まったところで、今度は入金していきましょう。

楽ラップでは他のロボアドバイザーとは違い、楽ラップに入金するのではなく、楽天証券に入金しなければいけません。

なので、初めての方からすると「どうやって入金するの?」と手が止まってしまう方も多いかもしれませんね。

楽ラップでのお金の管理は、楽天証券の管理画面から行うということを覚えておきましょう。

それでは入金方法を説明していきますね。

①楽天証券にログイン後、右上のメニューをクリック

②メニュー内の入出金・振替を選択


③入金方法を選択

入金方法は3つあって、リアルタイム入金、らくらく入金、通常振込から選べます。

入金方法に関しては、楽天銀行を持っている人はらくらく入金、持っていない人はリアルタイム入金がオススメですよ。

リアルタイム入金

リアルタイム入金は、振込時の手数料が無料で振込後、即時に楽天証券の口座に反映されるのでとても便利です。

リアルタイム入金をクリックすると、ご利用可能な金融機関が表示されるので、その中から利用する金融機関を選びましょう。

金融機関を選択したら、それぞれの金融機関の指示に沿って入金手続きを行います。

らくらく入金

らくらく入出金は、楽天銀行を持っている方なら使えるより便利な方法です。

楽天銀行のログインをしなくてもワンクリックで24時間リアルタイムで資金移動ができちゃうサービスです。

リアルタイム入金や通常振込と比べて手間がかなり省けるので、これから楽ラップで長期間の運用を考えている方は、一緒に楽天銀行の開設もしちゃった方が良いかもしれませんね。

通常振込

もちろんインターネットからの入金だけではなく、通常振込もあります。

通常振込をクリックすると、専用の入金口座が出てきます。

楽天銀行への振込か三井住友銀行への振込が選べます。

銀行やコンビ二などのATMから振り込めますが、振込手数料はかかってしまいます。

通常振込のさいの注意点として、入金元の金融機関口座は必ず本人名義でなければいけません。

他人名義口座からの入金だと、反映されないので注意しておきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は楽ラップの口座開設手順を開設しましたが、楽ラップの口座開設では楽天証券の総合口座開設をしなければいけません。

他のロボアドバイザー会社と比べると少し開設手順がめんどうに感じましたが、

「楽ラップ以外の株式投資やFXとか、他の投資もやっていきたいなー」

って方にはすごくオススメですよ。






【冬のボーナス】ウェルスナビキャンペーン実施中!

入金額に応じて最大30,000円をプレゼントするキャンペーン!将来に備えた資産形成のために、ぜひ本キャンペーンをご活用ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください