【やめたいの?】ウェルスナビのデメリット5つから見る隠されたメリットを教えます




「投資って難しいイメージあるけどウェルスナビはカンタンなのかな?」
「やりたいんだけど、リスクとかウェルスナビのデメリットを知りたいな」
「みんなウェルスナビのいいところしか言ってないけど、ぶっちゃけデメリットないの?」
「ウェルスナビって実際どうなの?」

などの悩みや、疑問をあなたはお持ちではないですか?

アツシ
どうも、ウェルスナビを使って毎月1万ずつコツコツ資産を増やしている「ロボアド部」の遠藤です。

ウェルスナビは、初心者でもカンタンに資産運用ができる魅力的な投資方法になります。

しかし、いくらカンタンだからと言っても

「自分の大事なお金をリスクにさらすのは怖い…」
「一気に全部なくなったら生活できないよ…」

など不安に思うことも多くあると思います。

僕も初めて投資をした時に、めちゃくちゃ不安で、投資がやりたいけど踏み入れるのが怖くて長い期間やれなかった時期があります。

自分の大切なお金を投資をする際は、慎重に投資方法を選ぶに越したことがありません。

そこで今回は先物、FX、株式など26歳でありとあらゆる投資を経験した僕だから言えるウェルスナビのメリットデメリットに加え、ほんとにウェルスナビを使った方がいいのか?についてあなたに分かりやすくお伝えします。

ウェルスナビのデメリットをしっかり見極めて、安全な投資方法を身につけていきましょう。

この記事で、あなたが抱いているウェルスナビ投資に関する悩みや不安を全て解消できます。

それでは、参ります。

ウェルスナビのデメリット

女性が海を眺めている
さっそく、ウェルスナビのデメリットについてお話しします。

まず

「投資って自分のお金が一気に減るんじゃないのかな…」
「お金がなくなったら生活できないよ…」

など、自分の大事なお金を投げる投資には多くの不安がつきものです。

確かに、ウェルスナビは他の投資と比べると安全ではありますがウェルスナビ独自のデメリットが存在します。

ウェルスナビは以下のようなデメリットがありますので、しっかり事前に把握してから運用をしてみましょう。

めっちゃ稼ぎたい人には向いていない

おばあちゃんがお金を数えている

ウェルスナビは、ローリスクローリターンと呼ばれ、他の投資と比べて「コツコツお金を増やす」投資方法が特徴です。

「1年で100万が倍になりました!」
「今月10万が100万になりました。」

みたいな少ない資金で大きな利益を稼ぐことはウェルスナビでは難しいと思っておいた方がいいですね。

つまり、めちゃくちゃ稼ぎたい人、ウェルスナビで年収1000万いきたい!みたいな人にはおすすめはできません。

ウェルスナビはあくまで長期的な目線で利益を出していく投資方法になります。

貯金よりも大きな利益を生むが、他の投資に比べるとそんなに利益が出ないということは理解しておきましょう。

実践的な投資の知識を学びたい人には向いていない

男性が為替トレードをしている

これは、デメリットでありメリットでもありますがウェルスナビは本当に何もしなくていいです。

自分で勉強したり、チャートをみたりする必要がないので、実践的な投資の知識を学びたい人にはおすすめできないですね。

過去の金融情報から分析して、ロボットが判断して銘柄を選んでくれるので損失になってしまったときに自分の責任ではないので

「なんで負けてるんだよ!」
「ウェルスナビのロボットどうなってるんだよ。」

と感情的になってしまうかたはやめた方がいいですね。

ロボットに判断をしてもらって「自分が勉強して銘柄を選ばなくていい」というのがウェルスナビの特徴なので、しっかり理解しておきましょう。

相場変動に対応できない

ウェルスナビの30年間ナビゲーション

ウェルスナビは、「長期運用」を目的としたサービスになります。

長期運用をしていると、世界の経済状況が悪くなったりすることは必ずあります。

その時に自分でトレード(運用)をしていると、自分で投資のやめたい時にやめることが可能ですが、ウェルスナビにはそれができません。

急激な相場の変動がおこると「含み損」になって、負けている状況が続くこともありますので「急な変動でもしっかり利益を出して欲しい」と思っている方はウェルスナビは使わない方がいいですね。

手数料が高い

銘柄 手数料
ウェルスナビ 1%
THEO(テオ) 1%
ダイワファンドラップ 1%
楽ラップ 0.88%
クロエ 0.702%

ウェルスナビ以外にもロボアドバイザー投資を行なっている会社が多くあります。

その中でもウェルスナビは手数料が年間預かり資産の1%と大きいです。

「手数料が一番安いところで投資をしたい!」
「毎回高い手数料を払うのは絶対イヤだ」

というかたは、ウェルスナビ以外のロボアドバイザー投資を検討した方がいいですね。

倒産するリスク

店が閉まっている

もちろんウェルスナビを運営会社が倒産するというリスクもあります。

これは、あまり考えづらいですがFXや仮想通貨の取引所にあることなので最悪のケースも想定しなければいけませんね。

ウェルスナビがしっかり法令を守って運営しているかが大事なポイントになります。

お客さんの資産をしっかり分別管理しているのかどうか?
セキュリティはしっかりしているのか?

ここは、把握しなければいけないポイントですね。

以上が、ウェルスナビのデメリットになります。

「えっウェルスナビだめじゃない?」
「ウェルスナビ使わないほうがいいのかな」

など思った方もいらっしゃると思います。

確かに上で紹介したことは、デメリットになりますが実際デメリットはメリットに変わります。

先ほど説明したデメリットは考え方を変えたらメリットになりますので、そちらのお話もします。

以下から「ウェルスナビの隠されたメリット」について解説しますので、メリットもデメリットも理解した上で投資をしてみましょう。

それでは、いきます。

隠されたメリット

子供が隠れている
ウェルスナビのデメリットは、運用目的や方法次第ではメリットになります。

  • 稼ぎたい人には向いていない→長期的運用を目的としている
  • 投資している感覚がない→預金の感覚で投資ができる
  • 相場変動に対応できない→ウェルスナビのトレード実績
  • 手数料が高い→他の投資と比べると安い
  • 倒産するリスク→1000万までなら対応可能
以上のようなにデメリットは、一気にメリットに変わるのです。

一つ一つ丁寧に解説していきます。

長期運用を目的としている

ウェルスナビの30年間ナビゲーション

デメリットで「稼ぎたい人には向いていない」と話しましたが、こちらは考え方次第になります。

僕の意見として、ウェルスナビは貯金よりも少しお金を増やしたいな〜っていう方がおすすめです。

なぜなら、最初の診断でもあるように10~20年以上の期間でコツコツとお金を増やすのがウェルスナビの特徴です。

短期的にドカンと稼ぐのではなく、亀のようにコツコツとお金を増やして10年後から積み立てていたものがかなり増えた!よかった。っていう感覚で投資をした方がいいですね。

ウェルスナビのサービスで積み立て運用もありますので、そちらを利用して毎月一定額ウェルスナビに積み立て複利運用を意識して利益を積み重ねましょう。

預金の感覚で投資ができる

貯金箱

実際ウェルスナビは、何もしなくてもいいので投資しているっていう感覚よりも貯金をしているって感覚の方が近いですね。

今の時代、預金の利回りが0.001%くらいと全く利回りが期待できないので貯金をしているよりもウェルスナビに置いておいたほうがいいです。

引き出したいときは2〜3営業日前に「出金依頼」をしておけば、自分の銀行に振り込まれるので便利です。

ウェルスナビトレード実績

ウェルスナビ資産評価額
長期投資をしていたら急な相場変動はあります。

なぜなら、世界の情勢なのでも考慮して長期的に運用していく必要があります。

しかしウェルスナビはリーマンショックから現在までの投資実績のシミュレーションを出すことができるので、急激な相場の変動があっても安定した利益をコツコツ積み重ねることができています。

投資実績を見てみるとリーマンショックで下がっているが、今までしっかり持ち直していますね。

ですから、急な暴落の時は「しょうがないよ。長期的な目線で僕は、運用をしているんだ!」のような感じでメンタルをコントロールしましょう。

手数料は他の投資と比べると安い

  • ウェルスナビ預かり資金の 1%
  • 投資信託 約5%(取引する際)
  • 海外ETF約7%(取引する際)
ウェルスナビは、他の投資と比べるとダントツで手数料が安いです。

なぜなら、銀行、証券会社などから金融商品を買う際に誰が購入する銘柄を選んでいるのか?ということです。

銀行や証券会社にはトレーダーが駐在しているのでそのトレーダーの「人件費」がかかります。

ウェルスナビは、銘柄選定をロボットが自動的にやってくれるので人件費が浮きます。

その理由からウェルスナビは、手数料を抑えることができるのです。

1000万までなら資産は戻ってくる

投資者保護基金に関する説明
引用先:https://www.wealthnavi.com/

投資保護基金というのが存在して、ウェルスナビの倒産や金融資金がなくなったとしても最高で1000万までなら保証してくれるというものがあります。

つまり、ウェルスナビが倒産したとしてもしっかりお金が返ってきます。

倒産のリスクはあっても、トラブルで資産をなくすリスクは「ない」ということはわかったら安心して投資することができますね!

結局どんな人に向いてるの?

こんな人に向いてる

  • なーんもしたくないけどお金増やしたい
  • どこに投資したらいいかわからないなー
  • 初めてだから低リスクの投資から始めたいな

こんな人にウェルスナビはおすすめです。

投資の中でも非常に低リスクですし、アプリで残高を確認できるので今どれくらい勝ってるのかな?今、どうなっているのかな?など今すぐ残高をチェックしたい時には便利です。

なんども言いますが、貯金するよりもウェルスナビに投資した方が断然良いです。

僕は2ヶ月くらい生きていける資金だけ残して、あとは投資に回しています。

あなたがおじいちゃんやおばあちゃんになったときに

「あのとき、ウェルスナビにお金を預けてたらこんなに増えたのに…」
「年取ったのに、お金が全然ないね…」

と言わないように、今から少しずつでも準備をしておきましょう。

時間はあっという間にすぎて行きますよ。

ウェルスナビの口座を登録したかったらこちらのボタンにクリックしたら公式サイトに飛びますので公式サイトで詳しい情報を見て見てください。

 まとめ

いかがでしたか?

今回の記事のポイントは

  • 初めて投資やる人はウェルスナビがぴったり
  • ウェルスナビのデメリットはメリットになる
  • 歳をとってからでは遅いので今のうちにコツコツ投資をしよう

です。

「後悔先に立たず」ですので、今のうち準備しておけばこれからの人生少しは今の人生を「最大限」に楽しんで生活できるのではないでしょうか?

以上、ロボアド部の遠藤でした〜!






【冬のボーナス】ウェルスナビキャンペーン実施中!

入金額に応じて最大30,000円をプレゼントするキャンペーン!将来に備えた資産形成のために、ぜひ本キャンペーンをご活用ください。