【気にするな!】ウェルスナビの為替リスクとは?対策方法を徹底解説




コジマ
どうも、ロボアド部のコジマユウキです。

「ドルではプラスなのに、なんで円ではマイナスなの?」
「ウェルスナビの為替リスクってなに?」

この記事に訪れたあなたは、こんな疑問を持っているのではないでしょうか?

この現象のことを為替リスクと言って、為替相場に影響を受けるんですよ。

なぜなら、ウェルスナビは世界に分散投資をしているため、世界の基軸通貨であるドルで投資をするからこそ、為替相場の影響を受けてしまうということなんです。

悲しいことに、この為替リスクを0にすることは不可能です。

しかし、為替リスクを軽減させるために、対策することもできちゃうんですよ。

そこで今回は、ウェルスナビの為替リスクについてはもちろん、対策方法などを紹介していきます。

最後まで読み終えたときあなたは、「ウェルスナビの為替リスクなんて大したことないじゃん!」と理解することができることでしょう。

ウェルスナビの為替リスクとは

冒頭でも説明しましたが、為替リスクとは為替相場の変動によって、日本円での価値が変わってくることです。

例えば、1ドル100円の時にウェルスナビが買付をしたとしましょう。

株価が少し上昇したとしても、為替相場が1ドル80円まで円高になった場合は、円ベースでみるとマイナスになってしまうといった現象が起こります。

ちなみに、円高ってのは円の価値が下がっていくことを言いますね。

日本国内で投資をする場合は、為替リスクは発生しませんが、世界に投資する場合はこの為替リスクは起きるんです。

ぶっちゃけ日本に住んでいる以上は、ウェルスナビ以外の海外株式で投資をすると、この為替リスクは避けては通れない道なんですよ。

ウェルスナビの為替リスクはどんなときに発生するのか?


出典元:ウェルスナビ

どんな時に為替リスクが発生するのか?というと、為替相場が1ドル100円から80円など、価値が下がっていった場合に発生します。

具体的な時期やタイミングは全くもってわからないので、為替相場に影響して円高になっていったときに発生するということを覚えてもらえればおっけーです。

ウェルスナビの為替リスクの対策法!

為替リスクは、通貨の需要と供給で発生します。

なのでこの為替リスクを完全に0にすることはできないんですよ。

しかし、軽減させる方法があるので以下で説明していきます。

長期的に積立サービスを利用すること

為替リスクを軽減させるためには、ウェルスナビの積立サービスを利用するしかありません。

なぜなら積立サービスは、毎月一定金額を購入してくれるため、同じ為替レートでの売買をしていないからです。

為替レートは常に動いているからこそ、積立サービスは有効的になるということですね。

ただこの積立は短期的にしていても意味がありません。

長期的にウェルスナビの積立をすることにより、円高のときでも円安のときでも、同じ一定金額を購入してくれるからです。

また、ウェルスナビは、「長期・積立・分散」投資をおすすめしているので、そのサービスの目的にそった利用の仕方が一番ベストですね。

僕も積立サービスを利用していますが、何もしなくても口座から勝手に引き落としてくれて、1週間後に買い付けをしてくれるのは、とても楽チンです。

個人でやろうとすると、口座にお金を移動させたり注文したり、チェックしたりとやること多すぎてめんどくさいですからね。

ぶっちゃけウェルスナビの為替リスクはリスクじゃない!


出典元:ウェルスナビ

デメリットで、ウェルスナビの為替リスクを紹介している記事も多くあります。

しかし、僕個人の見解としては「ウェルスナビの為替リスクはリスクではない」と考えています。

なぜなら、為替相場は1日で数10円変動することはなく、微々たる金額でしかないからです。

世界的な金融危機(リーマンショック)など起こって、かなり円高になった場合はどうしようもないです。投資をしている以上避けられないことになります。

金融危機に関しては、為替リスクどころの問題じゃないですからね。

ウェルスナビの為替リスクがどうしてもいやだという方は、国内株式や国内不動産、FX取引など、為替リスクが発生しない投資をするしかありません。

まとめ

いかかでしたか?

今回は、ウェルスナビの為替リスクについて解説しました。

今回の内容をまとめると、

記事まとめ

  • ウェルスナビの為替リスクは一般的な為替リスクと同じである
  • 為替相場に影響を受け、円高になっていくと円では損失が発生する
  • 対策としては、「長期的に積立をする」
  • 為替リスクは大したことないからリスクではない

って感じになりますね。

為替リスクは、大きな損失は発生しないのでそこまで気にしなくていいでしょう。

投資をする上で短期的には、多少の損失は覚悟する必要があります。

長期的(10年や20年)スパンで、目標金額を達成していくことを念頭に置いてウェルスナビを始めてみてはいかがでしょうか?






【冬のボーナス】ウェルスナビキャンペーン実施中!

入金額に応じて最大30,000円をプレゼントするキャンペーン!将来に備えた資産形成のために、ぜひ本キャンペーンをご活用ください。