【本当に信頼できる?】ウェルスナビ株式会社の概要を5つの項目から紹介




カイドウ
どうも、ロボアド部のカイドウユウキです。

「ウェルスナビってどんな会社なの?」
「信頼できる会社なのかな?」

きっとこの記事を訪れたあなたは、こんなことに疑問をお持ちでしょう。

確かにせっかくロボアドバイザー投資を始めるなら、信頼のできる会社で始めたいですよね。

楽ラップや投信工房なら、楽天証券や松井証券などの有名な証券会社が運営するサービスだから信頼性は抜群です。

でも、「ウェルスナビ株式会社ってあんまり聞かないけど大丈夫…?」って不安な方も多いかもしれません。

結論から言うと、ウェルスナビ株式会社はロボアドバイザーの中でもトップクラスに信頼できる会社です。

今回は、ウェルスナビの「会社概要・利用者数・経営メンバー・提携会社・安全性施策」といった5つの項目から、「本当にウェルスナビは信頼できるのか?」といったあなたの疑問を解決します。

ウェルスナビ株式会社の概要

ウェルスナビ会社概要
会社名 ウェルスナビ株式会社
設立日 2015年4月28日
資本金 32億3418万円
住所 東京都渋谷区渋谷2-17-5シオノギ渋谷ビル12F
事業内容 金融商品取引業
代表取締役 柴山和久
公式HP https://www.wealthnavi.com/

会社設立日を見ると、けっこう新しい会社ですね。

ただ資本金はロボアドバイザーの中でもトップクラスに多いです。

まぁテレビでもバンバンCMで広告を出してますから、財政面では健全と言えるでしょう。笑

ちなみにこちらがウェルスナビ株式会社の出してるCMです。

これを見たら「あー、このCM見たことある!」って方も多いんじゃないでしょうか。

ウェルスナビは利用者数No1

「一番人気」って安心感や信頼感が得られるポイントですよね。

その点でいったら、ウェルスナビはまさに「一番人気」です。

引用元:一般社団法人 日本投資顧問業協会:契約資産状況(最新版)(平成30年3月末時点)

こちらは投資を「お任せ」する一任型のロボアドバイザー会社の口座開設数と運用金額の比較表です。

平成30年3月時点での数字ではウェルスナビが最も利用されてることがわかりますね。

ちなみに公式HPでは、

2018年8月23日時点で、預かり資産1000億円、申込件数13万口座を突破したことをお知らせします。

たったの5ヶ月で2倍近い利用者数が増えているようです。

言うまでもなくとんでもない勢いですね、これも沢村さん効果でしょうか。笑

CEO:柴山和久


引用元:https://www.wealthnavi.com/

そんな人気No1のウェルスナビをどんな人が運営しているのか、もちろん気になるところですよね。

ここでは、ウェルスナビの代表取締役である柴山さんを簡単に紹介していきます。

東京大学法学部、ハーバード・ロースクール、INSEAD卒業。
ニューヨーク州弁護士。
日英の財務省で合計9年間、予算、税制、金融、国際交渉に参画する。
その後、マッキンゼーでは、ウォール街に本拠を置く機関投資家を1年半サポートし、10兆円規模のリスク管理と資産運用に携わる。
次世代の金融インフラを構築したいという想いから、2015年4月にウェルスナビを創業。

こちらがウェルスナビCEOでいらっしゃる柴山和久さんの経歴です。

「めちゃくちゃ凄そう、てか経歴ながっ!!」

ってのが最初の僕の感想です。笑

経歴を見てみると、財務省で当時約100兆円とも言われていた銀行の不良債権問題の解決に着手し、その後ハーバードで修士号を獲得し弁護士資格を取得したようです。

なので金融に関する法律ももちろん熟知されてるでしょうね。

順風満帆な経歴に見えますが、マッキンゼーでは仕事が見つからなく、お嫁さんと合わせても貯金額が10万円に満たなかったようです。

カイドウ
実はめちゃくちゃ苦労されてたんですね…

どうやらその苦労時代の経験からウェルスナビの会社設立を思いいたったようです。

柴山さんのプロフィール、柴山さん自身の運用実績は「ウェルスナビCEO柴山さんのプロフィール・運用実績をまとめて紹介」を参考にしてください。

ウェルスナビの提携会社一覧

「どんな会社と提携しているのか」ってのも会社の信頼性を表すポイントですよね。

実はウェルスナビは提携会社の数でもロボアドバイザーの中で1番多いんですよ。

最低投資額 提携日
WealthNavi for SBI証券 10万円 2017年1月31日
WealthNavi for 住信SBIネット銀行 10万円 2017年2月28日
WealthNavi for ANA 30万円 2017年9月19日
WealthNavi for ソニー銀行 10万円 2017年12月14日
WealthNavi for イオン銀行 10万円 2018年3月22日
WealthNavi for 横浜銀行 10万円 2018年4月2日
WealthNavi for JAL 10万円 2018年5月16日

このように名だたる企業や金融機関と提携し、それぞれの窓口でウェルスナビのサービスが利用できます。

また、提携会社の他にも、ウェルスナビに出資してる大手企業なんかもあります。

これだけのサポートを受けている会社であれば大きく信頼できるポイントになるのではないでしょうか?

ウェルスナビの安全性

最後に「安全性」についてです。

ロボアドバイザーではありませんが、今年のはじめに仮想通貨の取引所でもあるコインチェックがハッキングを受けて、顧客の資産が盗まれてしまった事件がありましたよね。

「どういった安全性対策が行われているのか」ってのも会社の信頼性に繋がります。

実際にコインチェックは信頼性を失いましたからね。笑

具体的にウェルスナビが行なっている安全性施策はこの4つです。

ウェルスナビ「安全性」
  • 二段階認証

→不正ログインを防止する

  • SSL通信

→通信を暗号化させることでハッキングを防ぐ

  • 顧客資産の分別管理

→破綻した場合でも顧客に資産が戻ってくる

  • 資産の保全

→分別管理に不備があった場合でも日本投資者保護基金が1000万円まで補償

ウェルスナビでは、不正ログイン、ハッキング、経営破綻などのリスクに備えた安全性施策がしっかり取られていますね。

試しにサイトをSSL評価テストで安全性を測ってみましたが、問題なくA評価でした。

まとめ

いかがでしたか?

今回はウェルスナビ株式会社についてまとめて紹介しました。

「会社概要、利用者数、経営陣、提携会社、安全性施策」といった5つの項目から紹介しましたが、とても信頼できる会社ってことがお分りいただけたと思います。

ウェルスナビのサービス面に関して詳しく知りたいという方は、「【実績公開】評判のウェルスナビとは?(メリットデメリット/取引入金方法)を完全解説」で特徴・手数料・実績・デメリットをまとめて紹介しています。

ぜひ参考にしてみてください!






【冬のボーナス】ウェルスナビキャンペーン実施中!

入金額に応じて最大30,000円をプレゼントするキャンペーン!将来に備えた資産形成のために、ぜひ本キャンペーンをご活用ください。