ウェルスナビで確定申告は必要?特定口座と一般口座を比較して紹介

ウェルスナビ確定申告アイキャッチ画像




カイドウ
どうも、ロボアド部のカイドウユウキです。

「ウェルスナビの確定申告って必要?」
「自分で確定申告をするメリットが知りたい」

この記事を訪れたあなたは、こんなことに疑問や悩みを抱いていませんか?

先に結論からいうと、特定口座(源泉徴収あり)で始めればウェルスナビが勝手に確定申告を行ってくれます。

なのであなた自身で確定申告をする必要はありません。

でも、自分で確定申告をすることでいくつかお得なメリットもあるんですよ。

せっかくウェルスナビで運用を始めるなら、しっかり確定申告のことをマスターしてから始めたいですよね。

そこで今回は、ウェルスナビで確定申告は必要なの?自分で確定申告するメリットは?といった疑問にお答えします。

そもそも確定申告ってどんな人が対象になるの?

確定申告とは税金を収める手続きです。

確定申告が必要になる対象は、

  • 給与収入が1か所で、副業の所得が20万円を超える人
  • 給与収入だけで2,000万円を超えている人
  • 給与収入が2ヶ所以上で、給与とその他の所得の金額が20万円を超える人

大まかにこんな感じです。

もっと詳しくどんな人が確定申告の対象になるのか知りたいというかたは、国税庁の「確定申告が必要な方」を参考にしてください。

ウェルスナビで確定申告が必要になる方は、ほとんどが一番上の「給与収入が1か所で、副業の所得が20万円を超える人」に該当するでしょう。

今回ご紹介するウェルスナビの利益にかかる税率は、利益の20.315%(=所得税15%+復興特別所得税0.315%+住民税5%)が課税されます。

ウェルスナビに確定申告は必要?

ウェルスナビには、

  • 特定口座(源泉徴収あり)
  • 特定口座(源泉徴収なし)
  • 一般口座

と3種類の口座の中から1つを選ぶ必要があり、選ぶ口座によって確定申告が必要かどうかが異なります。

ウェルスナビに限ったことではありませんが、投資を始めようと口座を開設するときには必ず「一般口座にしますか?特定口座にしますか?」なんて聞かれます。

これは、「税金の納め方はどうしますか?」と聞かれてるんだなと解釈するとわかりやすいです。

というのも、一般口座と特定口座の違いは、税金の納め方なのです。

特定口座(源泉徴収なし) ウェルスナビが作成する年間取引報告書を用いて自分で税金を収める
一般口座 税金の計算から確定申告、納税まで、自分ですべて行う

特定口座(源泉徴収あり)を選んでおけば確定申告を全部ウェルスナビがやってくれるので、あまり税金に詳しくない方や初心者の方におすすめです。

しかし冒頭でも紹介した通り、自分で確定申告をすることで得られるメリットなんかもありますから、気になる方はこのまま読み進めてください。

ウェルスナビを自分で確定申告をするメリット

「自分で何もする必要ないし、源泉徴収ありの特定口座でよくない?」と思われるかもしれませんね。

確かにあんまり詳しくない方や初心者の方には源泉徴収ありの特定口座で始めるのがおすすめです。

しかし、自分で確定申告をすることで以下の3つのメリットを得ることができます。

  • 二重課税分を取り戻せる
  • ウェルスナビの利益と他の口座の損失を相殺できる
  • 今年の損失を翌年の利益と相殺できる
一つずつ紹介します!

二重課税分を取り戻せる

ウェルスナビは米国のETFをメインに運用を行っています。

なのでETFから得られる分配金に対して、米国の税率(10%)と日本の税率(20.315%)が二重で課税されることになります。

しかし、自分で確定申告を行うことで「米国ETFから得た分配金の10%」を取り戻すことができます。

分配金ですと、例えば100万円分の運用をされている方には毎月数千円の利益が発生しています。

その10%ですから、毎月数百円程度が確定申告を行うことで取り戻すことができる計算になりますね。

これは人によるかと思うんですが、「とにかくめんどくさい」という方は気にしなくていいと思います。

ウェルスナビの利益と他の口座の損失を相殺できる

自分で確定申告を行う2つ目のメリットとして、ウェルスナビの利益と他の口座の損失を相殺させることができます。

これを【損益通算】なんて言ったりもしますね。

例えばウェルスナビで40万円の利益が出ていて、他の口座で10万円の損失が出ているとしましょう。

この場合、特定口座(源泉徴収あり)で確定申告をウェルスナビにお任せすると、40万円の利益に対して課税する必要があります。

しかし自分で確定申告を行うことで、利益と損失を相殺(40万円-10万円)した30万円の利益に対して課税すればいいことになります。

ウェルスナビだけでしか運用を行っていない方は気にする必要はありませんね。

もし、他にも口座を開設して運用を行っているという方は、そちらの損益をみて自分で確定申告をするかどうかの判断を下すことをおすすめします。

今年の損失を翌年の利益と相殺できる

自分で確定申告を行うことによって得られるメリットは、なにも利益が発生した時だけではありません。

自分で確定申告を行う3つ目のメリットは、今年の損失を翌年の利益と相殺できるということです。

これを【繰越控除】なんて言ったりもしますね。

例えば今年で10万円の損失が発生し、来年に40万円に利益が発生するとしましょう。

その場合、この繰越控除によって来年の利益を40万円ではなく30万円分の利益として申告することができます。

損失が発生した後の翌年以降3年間は控除することができます。

結論:ウェルスナビで確定申告はいらない

ここまで紹介すると「んー、自分で確定申告するべきか悩むなぁ」という方も多いでしょう。

でも基本的には特定口座(源泉徴収あり)でウェルスナビに確定申告をお任せしていいです。

自分で確定申告するメリットを上で紹介しましたが、正直めちゃくちゃ減税されるわけじゃありません。

しかし、もし以下のチェック項目に当てはまる方は自分で確定申告することを考えてみてもいいかと思います。

チェック項目

  • 多くの資金でウェルスナビを運用している
  • ウェルスナビ以外にも投資を行っている

この2つに当てはまる方は、上でも紹介した「ウェルスナビを自分で確定申告をするメリット」により、大きな恩恵が受けられるかもしれません。

そうじゃない方は確定申告はウェルスナビにお任せしましょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回の記事をまとめると、

記事まとめ

  • 口座によって確定申告による「税金の納め方」が異なる
  • 自分で確定申告をするとメリットがある
  • 基本的に確定申告はウェルスナビに任せていい

といった感じです。

他にもウェルスナビには、DeTAXという利益にかかる課税分を減税させる機能があります。

これからウェルスナビで運用を考えている方は「【便利すぎる】ウェルスナビのDeTaxとは?実際問い合わせして確認!」も参考にしてみてください。






【冬のボーナス】ウェルスナビキャンペーン実施中!

入金額に応じて最大30,000円をプレゼントするキャンペーン!将来に備えた資産形成のために、ぜひ本キャンペーンをご活用ください。