THEOユーザー必見!積立をやるべき理由から設定方法までを画像で解説

テオ積立のアイキャッチ画像




コジマ
どうも、ロボアド部のコジマユウキです。

「テオで積立ってやったほうがいいの?」
「そもそも積立ってどんなサービスなの?」

この記事に訪れたあなたは、そんな疑問を持っていませんか?

いきなり積立サービスを利用するのも、積立サービスがどんなサービスなのかわからずに利用するのは不安がありますよね。

積立サービスについて公式サイトではなく、利用者の意見を聞いてから始めたほうが安心して始めることができるって人もきっといるはず。

そこで今回は、公式サイトでは明かされていないテオで積立をやるべき理由を、投資歴7年のコジマユウキが徹底解説していきます。

この記事を読み終えたときあなたは、テオの積立サービスを理解できることはもちろん、積立の設定方法まで全てを知ることができますよ。

それでは参ります。

結論 テオ(THEO)で積立はやるべき

テオ積立利用者数の画像

結論から言うと、テオを始めるのであれば積立サービスは間違いなく利用するべきと言えるでしょう。

なぜなら、テオは複利運用を利用して行うことが一番賢いと考えています。

そもそも複利運用とは、投資で得た利益をそのまま元金に合わせて運用する手法になります。

テオ自体がローリスクローリターンの投資手法で、長期的に分散投資で、資産を増やしていくサービスですよね。

なので、短期的に運用しても意味がないですし、仮に10万円だけ入れてそれが100万円になるといったこともありません。

つまりは、積立サービスを利用して、長期的に複利運用で雪だるま式に、利益を積み上げていくことが大事ですからね。

テオ(THEO)積立投資の基本的概要

テオ積立基本的な概要の画像

テオ積立の基本的な概要に関しては、毎月1万円から積立を設定することができます。

また、1万円以上の金額変更は1000円単位で変更が可能です。

とっても少額から積立を開始することができるので、実働収入などが低い人でも気軽に利用できることは嬉しいポイントですね。

ただ、「積立って自分で振り込んだりするの?」「なんか登録とかってめんどくさいんじゃないの?」と思う人もきっといるはず。

しかし、積立設定はネット上のログインページからできますし、口座を設定すれば、毎月5日に自動で引き落としをしてれくるので、面倒な手間もなし。

積立の手数料も取られることもありません。

コジマ
ぶっちゃけ設定すれば引き落としから買い付けまで全て自動でやってくれるので、めっちゃ楽チンですよ。

テオ(THEO)はボーナス積立も可能

通常の積立サービス以外にも、ボーナス積立を設定することもできちゃいます。

会社員の人で、ボーナスを効率良く利用している人もいれば、

「カードの支払いでいつもなくなっちゃう…」
「あとあと見返すとボーナスが入ったときに無駄遣いしちゃってる…」

って経験がある人もいるんじゃないですか?

コジマ
実際これは僕の経験談なんですけどね。笑

そんな人は、ボーナス積立を利用すれば、少しは効率的なお金の使い方ができるようになるかもしれませんよ。

テオ(THEO)で積立をやる3つのメリット

テオ積立をやるメリットの画像

ここまで、テオの積立をやるべきとは伝えてきましたが、デオで積立サービスを利用するとどんなメリットがあるの?と思う人もきっといるはず。

そんな人のために、テオで積立をやるとどんなメリットがあるのかというと、

  • 為替相場の影響を受けにくい
  • 手間がかからない
  • 自分の欲や感情に左右されにくい
の3つがあります。

これらを解説していきますね。

為替相場の影響を受けにくい

テオの投資銘柄は、世界のETFになることを知っている人もいらっしゃるのではないですか?

世界のETFになるということは、日本円での購入ではなく、ドルやユーロなどの通貨での買い付けになります。

そうすると、為替相場の影響によって、ドルではプラスだけど円ではマイナスといったことが起こってしまうんですよね。これを為替リスクなんて言ったりします。

しかし、テオの積立サービスの仕組みが、ドルコスト平均法になるため、為替リスクを最小限に抑えることができます。

テオのドルコスト平均法の画像

ドルコスト平均法を簡単に説明すると、株価が高いところで安く購入して、低いところで多めに購入するといった手法で、分散して買い付けを行うといった仕組みになっているんです。

これにより、一定の価格帯で大量に購入するのではなく、まばらに購入することによって差額による為替差損を軽減できるんですね。

ぶっちゃけこれを個人で運用するのであれば、常に為替相場を分析し、今が円高であるのか?円安であるのか?資産をどのくらいに分けて購入するのかと、多くのことを考え勉強しなければいけません。

コジマ
初心者の人にとっては、難しくて簡単にはできないので、とってもありがたいサービスですね。

手間がかからない

テオ積立の基本概要のところでも説明しましたが、引き落とし口座の設定をすれば、毎月5日に自動的に引き落としをかけてくれますよね。

個人で積立を同じことをしようと思ったら、毎月入金をしなければいけません。

自分で入金をするよりも、自動的に引き落としてくれた方が楽チンですよね。

なので、手間がかからないといった点はひとつのメリットと言えるでしょう。

自分の欲や感情が左右されにくい

テオでは、自動で運用してくれますが、積立サービスを利用せずに、自分で入金のタイミングを見極めればいいじゃんって思ったりしませんか?

ある程度の投資経験をお持ちの人であれば、これは可能かもしれません。

しかし、初心者の人が同じことをやろうとすると、

「もっと価格が下がってから…まだ下がるのかな?でも上がるかもしれないしな…」

などの欲や感情に左右されて入金のタイミングを失ってしまうかもしれないんですよね。

コジマ
これを【投資家心理】って言い、僕が株式や先物、FX、仮想通貨の投資をしたときにこれにはまって、売買のタイミングを全く掴めなかったんですよ…笑

ただ、積立サービスを利用することによって、毎月5日に自動引き落としをしてくれるので、自分で余計なことを考える必要がなくるんです。

なので、欲や感情に左右されにくくなるといったメリットがありますね。

テオ(THEO)で積立をやる2つのデメリット

「メリットだけなんて信じられない、デメリットもあるでしょ!」と思う人もきっといますよね。

当然ですがデメリットもあり、そのデメリットは、

  • 長期的な目線でなければ意味がない
  • 引き落としされてから反映までに時間のラグがある
の2つになります。

これら2つを紹介していきますね。

長期的な目線でなければ意味がない

これは積立サービスに限ったことではなく、テオを利用する上でも当てはまるデメリットになります。

テオで積立を利用するのであれば、莫大な資金ではなく、少額を少しずつ長期的に行うことに意味があるんですよね。

なので、短期的にやっても利益が生まれず、むしろ損失になる可能性も十分にありえます。

積立サービスを利用すれば短期的に稼げるってことはないですからね。

短期的に稼ぎたいなら、相場変動が激しかったり、レバレッジを効かすことができる、FXや仮想通貨になりますね。

コジマ
ぶっちゃけめちゃめちゃリスクが高い投資商品になるので、個人的にはあんまりおすすめしできないですね。

引き落とされてから口座反映までの時間にラグがある

テオでは、引き落としをされてから実際の口座に反映されるまでが5営業日後になります。

しかし、個人で資金を分散させて入金することにより、入金方法によっては即時反映され、翌営業日には買い付けを行ってくれるんですよね。

数日の誤差ですが、その数日の誤差が気になる人は、個人で毎月入金を行うなどした方がいいですね。

コジマ
でも、そもそも長期投資でテオを利用しているのであれば、数日の誤差は気にしなくていいかなって感じですね。

テオ(THEO)の積立設定方法

ここまでで、テオで積立をやる理由を理解いただけたのではないでしょうか?

ここからは実際にテオで積立を設定する方法をスマホアプリ版で解説していきます。

また、文章だけではちょっと難しいという人もきっといるはずなので、画像付きで紹介していきますね。

まずは、スマホアプリでテオにログインしましょう。

①積立を選択
②Webから積立設定を選択
③引き落とし口座、積立設定、ボーナス月設定を入力

補足説明
ボーナス月設定は希望があれば、入力しましょう。
テオ積立設定方法の画像

これで積立の設定は完了です。

毎月5日が引き落とし日になり、引き落とし確定日が9営業日前になります。

しっかり口座残高を残し置きましょうね。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、テオの積立に関して解説してきました。

テオの積立のサービス概要から、メリットデメリット、実際の設定方法まで全てを理解頂けたのではないでしょうか?

今回の内容をまとめると、テオを利用して資産運用をするのであれば、長期的な目線で積立サービスを利用した方がいいということになりますね。

テオの公式実績に関しては、サービス開始の2016年1月以降からだと、約19%の運用実績を誇っています。

実際にロボアド部でもテオを利用し、毎月実績を記事にさせて頂いています。

毎月更新している実績を閲覧した人は、「テオの実績を公開」で紹介していますので、よければどうぞ。

この記事がテオを利用する上で、積立サービスを行うべきかどうか?判断できる材料になったら幸いです。






【冬のボーナス】ウェルスナビキャンペーン実施中!

入金額に応じて最大30,000円をプレゼントするキャンペーン!将来に備えた資産形成のために、ぜひ本キャンペーンをご活用ください。