【簡単3ステップ】THEO(テオ)始め方まとめ!登録〜運用までを解説!

テオ始め方のアイキャッチ画像




コジマ
どうも、ロボアド部のコジマユウキです。

「テオってどうやって始めたらいいの?」
「口座開設とかって必要な書類とかもあってめんどくさいんじゃないの?」

この記事に訪れたあなたは、そんな疑問を持っていませんか?

始めたロボアドバイザーを始めるときって始め方をちゃんとわからないと不安になっちゃいますよね。

正しく始めないと、あとあと設定を変更したりとめんどくさいことになってしまいます。

そこで今回は、テオの始め方を網羅的に解説してきます。

また、始めるときの注意点などもその都度紹介していくので、これからテオを始めようと考えている人は必見ですよ。

それでは参ります。

THEO(テオ)を始める前に用意しておくもの

「テオを始めるときって何か必要書類ってあるの?」なんて思っている人もきっといるはず。

まずは、口座開設をする前に、必要な書類があるか確認しておきましょう。

なぜなら、必要な書類を持っていないと、テオに登録ができないからです。

テオを始めるときに必要になる書類は、

  • マイナンバーカード
  • マイナンバー通知カード+運転免許証
  • 運転免許証+住民票
上記3つのどれかが必要になります。

マイナンバーカードを持っていなくても、運転免許証や通知カードで登録できちゃいます。

もし上記のものをお持ちでない場合は、役所に行って用意しましょう。

ステップ1:THEO(テオ)の無料体験/登録/口座開設方法

テオ始め方ステップ1の画像

まずは、テオの無料体験から登録をして口座を開設していきましょう。

ここからは実際の進め方になるので、別ページで公式サイトを開いて、一緒に進めていくとスムーズに口座の開設ができますよ。

無料体験をしよう

無料体験とは、あなた自身の簡単な情報を入力するだけで、今後の資産運用のシュミレーションをしてくれます。

これはあくまでもシュミレーションであって、将来の運用結果を保証してくれるものではありません。

入力情報は、

  • 年齢
  • 年収
  • 貯金額
  • 金融資産額
  • 開始希望金額
になります。

最後に「テオにおまかせor自分でカスタマイズ」のどちらかを選択します。

基本的に初心者の人は、テオに全て任せて運用の方が入金さえすれば自動で運用してくれるのでおすすめです。僕個人もテオに全ておまかせしています。

ただ、個人で運用配分などを決めたい場合は、自分でカスタマイズを選択してもいいかもしれません。

ユーザー登録をしよう

無料体験が終わった後は、そのまま無料でユーザー登録ができますので、ユーザー登録に進みましょう。

ユーザー登録を進める手順は、

  • メールアドレス、パスワードの設定
  • 個人情報の入力
  • 本人確認書類を画像で提出
  • 契約書面の確認
4つの手順で完了し、登録したご自宅に簡易書留が届きますので、受け取って口座開設完了です。

「うーん、まだ開設方法のイメージがわかないな…」って人もきっといるはず。

テオの登録から口座開設方法を詳しく知りたい人は、「【実演】ロボアドバイザー投資THEO(テオ)の口座開設/入金/積立方法まとめ」で画像付き解説していますので、どうぞ。

ステップ2:THEO(テオ)に入金しよう

テオ入金の画像

口座開設と登録が完了したら、次は入金になります。

実際に入金をしたら、テオがスタートしますよ。

入金のときの注意点

テオの最低入金額は1万円からになりますが、最低でも10万円から入金できる人は、入金しましょう。

なぜなら、1万円からだと少額すぎて分散投資が行えない設定になっているからなんですよね。

ただ、10万円を作るのも難しいし、テオにいきなり10万円入金するのが怖い人もきっといるはず。

そんな人は、少額の1万円からお試しでも入金してみることをおすすめします。

入金をしよう

テオの入金方法はとっても簡単です。

今回は、入金方法が「銀行振込orクイック入金」がありますが、クイック入金の場合で説明していきます。

銀行振込の場合は、指定された口座がありますので、そちらに振り込めば完了しますよ。

それでは、クイック入金での入金方法は、

  • Webからクイック入金を選択
  • 銀行を選択
  • 入金額を入力
  • 銀行サイトへ進む
の4つになり、最後はあなたがお持ちの銀行サイトから入金手続きをすれば完了です。

とっても簡単なので、入金してテオをスタートさせましょう。

入金方法について詳しく知りたい人は、「【初心者必見】テオ入金方法を紹介!手数料と反映時間を他社比較!」で、テオの入金方法を画像で解説していますので、よければどうぞ。

クイック入金がおすすめ

そもそも入金する方法は2種類あり、

  • 銀行振込
  • クイック入金
になります。

銀行振込は通常の銀行から振り込む方法ですが、クイック入金はインターネットから入金する方法になります。

基本的にテオは、入金手数料が無料になるんです。

しかし、銀行振込の場合は、各銀行に支払う振込手数料が数百円かかるんですよね。

ただクイック入金の場合は、振込手数料もかからず、即時に口座へ反映され、24時間いつどこでも入金ができるんです。

個人的には、3大メガバンクもクイック入金に対応していますし、便利で楽チンなので、クイック入金が断然おすすめですね。

ステップ3:THEO(テオ)で積立を設定しよう

テオ積立基本的な概要の画像

最後にテオで積立を設定しましょう。

テオで積立を設定する方法を紹介する前に、積立を設定する際の注意点を紹介していきますね。

積立設定時の注意点

テオで積立を設定する際の注意点としては、自分の収入と支出で余裕のある金額を設定するようにしましょう。

なぜなら、積立は継続して積立をしない限り、全くもって意味がないからです。

塵も積もれば山となるということわざがあるように、コツコツ続けていける金額で設定することが大事ってことですね。

仮に、かつかつのお金で積立を設定したとしても、2ヶ月口座から引き落としができなかった場合は、積立が一旦ストップしてしまいます。

なので、少額でもいいので、継続できる金額で積立を設定するようにしましょう。

積立の設定方法

それでは積立の設定方法を紹介していきます。

テオでの積立設定方法は、

  • 引落し口座の設定
  • 毎月の積立金額を入力
  • ボーナス月積立額を入力(希望があれば)
になり、これで積立の設定も完了です。

ただ、「テオの積立設定方法を画像で知りたい!」「そもそもテオで積立ってやった方がいいの?」と思っている人もきっといるはず。

そんな人は、「テオの積立はやった方がいいの?メリットデメリットを徹底解説!」の記事で、テオで積立はやるべきなの?というところから積立の設定方法を画像で解説していますので、よければどうぞ。

まとめ

いかがでしたか?

テオの始め方を登録から積立の設定方法まで紹介してきました。

テオの始め方を全て理解できましたか?

正しい始め方を理解できれば、テオを始める際も安心して始めることができますよ。

ロボアドバイザーは投資初心者向けのサービスになるので、そこまで始めるのに難しくはありません。

テオは1万円から始められるため、とってもハードルが低いため、気になっている人は試しに始めてみてはいかがでしょうか?

この記事がテオを始める際の手助けになったら幸いです。






【冬のボーナス】ウェルスナビキャンペーン実施中!

入金額に応じて最大30,000円をプレゼントするキャンペーン!将来に備えた資産形成のために、ぜひ本キャンペーンをご活用ください。