【3ヶ月目】ロボアドバイザーTHEO(テオ)運用実績経過レポート

THEO3ヶ月アイキャッチ




アツシ
どうも、ロボアド部のエンドウアツシ(@roboadvu)です。

僕が運用をしているTHEO運用レポート3ヶ月目を紹介したいと思います。

3ヶ月目は、-4550円になっています。

いつから始めた?

THEOパフォーマンス

2018年7月30日から運用から10万で運用を開始し、現在2018年12月4日でTHEOを運用してから約3ヶ月が経ちました。

毎月1万円の積立をしてコツコツ運用資金を増やしています。

購入銘柄

THEOで購入した銘柄は以下のようになっています。

グロース

グロースは、株式などのハイリターンの銘柄の投資のことをいい、高い利益を求める運用方法になります。

  • VOE米国の中型の割安株
  • VGKユーロ圏の大型株
  • VTV(米国の大型の割安株)
  • VPL(アジア太平洋地域の先進国の大型・中型株)
  • EWJ(日本株)
  • EPI(インドの株)
  • EPP(日本を除くアジア太平洋地域の先進国の大型・中型株)
  • EWT(台湾の大型株・中型株)

インカム


インカムは債権を中心に投資することをいい、バランスを保った運用を行ってくれます。

  • IEF(残存期間7-10年の米国債)
  • VMBS(米国政府機関が発行・保証した投資適格のモーゲージ・パススルー証券)(住宅ローン担保証券)

インフレヘッジ

インフレヘッジは、金などの実物資産を中心に投資をすることをいい、以下の銘柄に投資をしています。

  • IGF(インフラ関連株)
  • IAU(金現物)
  • DBC(コモディティの先物)
  • SLV(銀現物)

現在の運用実績

-4550になっています。

年末の調整の影響が大きいでしょう、11月に入ってからパフォーマンスが下がっています。

その結果THEOも損失になってしまいました。

ポートフォリオ

  • グロース68%
  • インカム23%
  • インフレヘッジ9%

のように、グロースに重きをおいたアクティブな運用になっています。

リスクも少し取り、利益を積極的にとるようなポートフォリオにしています。

感想

3ヶ月目の運用もマイナスで終わりました。

堅調な動きを見せていた、ドル円も少し弱気な相場になってきました。

テクニカル的に見てると、上値114.0円が重い展開となっています。

年末にかけて調整の動きがやってきてポジションを整理しようとしていく投資家が多いため、このまま動きの少ない展開になっていくでしょう。

4ヶ月目も引き続き投稿していきますので、みなさん期待していてください!






【冬のボーナス】ウェルスナビキャンペーン実施中!

入金額に応じて最大30,000円をプレゼントするキャンペーン!将来に備えた資産形成のために、ぜひ本キャンペーンをご活用ください。