【総まとめ】THEOの税金いくら?確定申告や特定口座を徹底解説!




コジマ
どうも、ロボアド部のコジマユウキです。

「さすがに、THEOって税金かかるよね?」
「自分で確定申告とかしなきゃいけないのかな?」

なんてあなたは思っていませんか?

当たり前ですが、THEOを使って利益が発生すれば、税金を支払う必要があります。

でも、あなた自身で確定申告をするのはめんどくさいですよね。

大丈夫です。安心してください!THEOは、あなた自身で確定申告をしなくてもいい方法があります。

そこで今回は、テオの税金について全てを解説していきます。

テオの税金について理解できることはもちろん、うまく節税する方法までも知ることができちゃいますよ。

それではどーぞ。

THEOで確定申告は必要なの?

テオで口座開設する際に、口座の種類を3つの種類から選ぶことができます。

  • 特定口座・源泉徴収あり
    →THEOが年間取引の税金を計算し、納税をしてくれる → 確定申告不要

  • 特定口座・源泉徴収なし
    →THEOが年間取引の報告書を作成してくれるが、納税まではしてくれない → 確定申告必要

  • 一般口座
    →THEOは何もせず、年間取引を全て自分で計算し、納税をしなくてはいけない → 確定申告必要

になります。

つまり、テオを口座開設する際に、「特定口座・源泉徴収あり」の口座の種類を選んでおけば、確定申告をする必要がありません。

しかし、「特定口座・源泉徴収なし」で口座を開設した場合、確定申告をしなければいけないので、お忘れなく。

いずれも、どの口座の種類を選ぶかで、確定申告をするかしないかは変わってくるということですね。

投資初心者は「特定口座・源泉徴収あり」がおすすめ

投資初心者の人は、「特定口座・源泉徴収あり」をおすすめします。

なぜなら、投資始めたばかりで、あなた自身で確定申告をするのはかなり大変だからです。

フリーランスや副業を今までしていて、確定申告のやり方を理解している人は、問題ないです。

ですが、会社勤めの人は会社が全てしてくれているため、確定申告のやり方などもわからない状況ですよね。

なので、最低でも1年目は「特定口座・源泉徴収あり」で、確定申告はしてもらいましょう。

ゆくゆく、他にも資産運用を始めて、資産運用にも慣れてきたら、あなた自身で確定申告を行うのはありですね。

THEOではどのくらいの税金がかかるの?

テオにかかる税金は、利益に対して20.315%となっています。

だいたい20%ぐらいの税金がかかるんだってことを理解してもらえればオッケーです。

ちなみに、この税金はテオだけではなく、他のロボアドバイザーや株式、FXなどの、投資全てが同じです。

基本的にどの証券会社でも「特定口座・源泉徴収あり」の口座種類はありますので、全て「特定口座・源泉徴収あり」を選んでおけば、確定申告をする必要はありません。

「そしたら、特定口座・源泉徴収ありで口座開設しておけばよくない?」とあなたは思っていませんか?

でも、そんなことはなく、あなた自身で確定申告をした方がお得なこともあるので、そのケースを解説しておきますね。

THEOではなくあなた自身で確定申告をするメリット

投資初心者の人は、確定申告はテオに任せた方がいいと解説しました。

しかし、ある程度経験を積んできたときは、確定申告をあなた自身で行うことをオススメします。

あなた自身で確定申告をするメリットは3つあります。

  • 二重課税を取り戻すことができる
  • THEOの利益と他の投資の損失と合算することができる
  • 1年間で損失だった場合、翌年に繰越すことができる

になります。

「二重課税ってなに?よくわからない・・・」って人のために、それぞれを詳しく解説していきますね。

二重課税を取り戻すことができる

テオは、米国などの海外ETFをメインに運用していますよね。

米国のETFに投資をしている場合、毎月分配金という利益を得ることができます。

その分配金に対して、米国の税率10%と日本の税率20.315%が、二重で課税されるんですよね。

しかし、あなた自身で確定申告をすると、米国の課税分である10%を取り戻すことができるんですよ。

例えば100万円で運用していたとすると、毎月分配金が数千円利益になります。

数千円の10%、毎月数百円をあなた自身で確定申告すれば取り戻すことができる計算になるんですよね。

「数百円程度ごときでめんどくさい」と思う人は、テオに確定申告を任せていいですが、「数百円でももったいない」と思われる人は、あなた自身での確定申告をオススメします。

THEOの利益と他の投資の損失を相殺することができる

相殺とは、差し引きして帳消しにすることです。

つまり、THEOの利益分を他の投資の損失分と相殺することにより、納税金額を引き下げることができるんです。

利益と損失を相殺させることを【損益通算】って言ったりします。

例えば、THEOで50万円の利益を出していたとして、他の投資で20万円の損失があったとしましょう。

通常THEOが確定申告をしていたら、50万円に対して課税されます。

しかし、「損益通算」をすると「50万円ー20万円=30万円」になるため、30万円に対して課税すればいいことになるんです。

THEOだけで運用している人は必要ありませんが、THEO以外にも投資をしている人にとっては、重要になりますね。

1年間で損失だった場合、翌年に繰越すことができる

ここまでは利益が発生したときのメリットを解説しました。

しかし、あなた自身で確定申告をするメリットとしては、損失が発生した際にもあるんです。

THEOで1年間損失で終わったときに、その損失を翌年に繰り越して、翌年の利益と相殺することができるんですよ。

これを【繰越控除】なんて言ったりもします。

例えば、1年間THEOを運用して10万円の損失で終わり、翌年は50万円の利益を出したとしましょう。

通常であれば50万円の利益に対して課税されます。

しかし「繰越控除」をすると、「50万円ー10万円=40万円」に課税されることになります。

また、翌年のみではなく3年間は繰り越すことができるんですよ。

1年間通して損失だったときも確定申告をあなた自身で行うことにより、翌年の節税効果もあるんです。

THEOってNISAは対応しているの?


出典元:https://www.rakuten-sec.co.jp/nisa/

結論からいうと、THEOにはNISA口座は対応していません。

基本的にTHEOだけではなく、ロボットアドバイザーの一任型といわれる、THEOやウェルスナビ、楽ラップなどは、NISA口座には対応していないんですよね。

もし仮に、NISA口座に対応しているロボットアドバイザーを探しているのであれば、アドバイザー型といわれる投信工房がオススメです。

なぜなら、投信工房は手数料が約0.3%と安く、NISA口座にも対応しているため、少額で運用する人にとっては、低コストで非課税投資ができるからですね。

ロボットアドバイザーのアドバイザー型とは、ロボットに投資のアドバイスをもらって、あなた自身で運用する方法になります。

ロボットアドバイザーの一任型とアドバイザー型の違いをより詳しく知りたい人は、以下の記事で解説していますので、よければどうぞ。

おすすめロボアドバイザーランキングBEST3!一任型・アドバイザー型別で紹介

積立NISAには投資上限があるから、少額で始める人におすすめ

積立NISAには年間投資金額に上限があります。

年間通して、40万円までしか積立NISAをすることはできません。

1年間で40万円を超える投資を考えている人は、積立NISAはできないですよね。

なので、年間40万円以下で積立投資を考えている人は、THEOよりも積立NISAの方がオススメです。

僕の考えは積立NISAよりもTHEOがおすすめ

僕個人の考えとしては、積立NISAよりもTHEOがオススメです。

最初は少額で積立していくこともあるかもしれませんが、10年や20年と長期的に続けていく可能性が高いですよね。

長期的にずっと毎月1万円や2万円を積み立てる可能性は低いからです。

仕事をしていて収入が上がってきたり、ボーナスが入ったから積立金額を増やそうと、考える人も多いはず。

すると、1年間の積立金額は40万円を越すことになるため、THEOの方がオススメということになります。

しかし、THEOと積立NISAどっちやろうかなと、まだ迷っている人もいませんか?

そんな人にはTHEOと積立NISAについて、以下の記事で比較し解説していますので、よければどうぞ。

→Comming Soon

まとめ

THEOの税金について理解できましたか?

今回の内容をまとめると、

  • THEOは税金がかかる
  • THEOの確定申告は、「特定口座(源泉徴収あり)」にすれば確定口座不要
  • 投資初心者の人は、確定申告をTHEOに任せるのがオススメ
  • 投資経験がある人や複数の投資をしている人は、あなた自身で確定申告しよう
  • THEOはNISA口座に対応していない
  • 積立NISAよりもTHEOの方がオススメ
になります。

当たり前ですが、副業の投資で収入を得ていると、税金はかかります。

投資始めたては、証券会社やTHEOに納税を任せましょう。

投資経験を積んできて、運用する金額大きくなってきたら、あなた自身で納税すると税金を安くすることができます。

将来的にはあなた自身で確定申告をし、節税してあなたのお金をしっかり守りましょう。






【冬のボーナス】ウェルスナビキャンペーン実施中!

入金額に応じて最大30,000円をプレゼントするキャンペーン!将来に備えた資産形成のために、ぜひ本キャンペーンをご活用ください。