【1記事で完結!】ウェルスナビの実績・評判・メリットデメリットを完全網羅




カイドウ
どうも、ロボアド部のカイドウユウキです。

「ウェルスナビってよくCMでも見るけど、どんなサービスなんだろう?」
「他のロボアドバイザーと比較して何が優れてるの?」

この記事を訪れたあなたは、こんなことに疑問や悩みをお持ちではないでしょうか?

確かにせっかく始めるロボアドバイザー投資、大切なお金を運用するからこそ最も優れたサービスの会社を選びたいですよね。

先に結論から言ってしまうと、ロボアド部的視点では、ウェルスナビは数あるロボアドバイザー会社の中でも最も優れていると評価しています。

「んー、でも具体的に他社と比較して何が優れているのか、納得してから始めたいなぁ」

という方も多いでしょう。

そこで今回は、ウェルスナビに関する実績・評判・メリット・デメリットなどなど、全ての情報をこの1記事にまとめました。

ウェルスナビに関する疑問や悩みをお持ちの方は、この記事を読めば全て解消できます。

また、他社と比較してどうなのか、ロボアド部で実際に使用してみてどうなのか、そういったウェルスナビの公式HPには載ってないようなリアルな情報をお届けします。

この記事で紹介するそれぞれの項目をより詳細に紹介している記事をリンク化していきますから、「この項目はより深く知りたい」といった内容はリンク化してある記事も参考にして頂けると、より理解が深まるはずです。

ウェルスナビってどんな会社なの?

ウェルスナビの公式HP画像
ウェルスナビ会社概要
会社名 ウェルスナビ株式会社
設立日 2015年4月28日
資本金 32億3418万円
住所 東京都渋谷区渋谷2-17-5シオノギ渋谷ビル12F
事業内容 金融商品取引業
代表取締役 柴山和久
公式HP https://www.wealthnavi.com/

ウェルスナビ株式会社は、「投資で資産を増やしたいけど、資産運用の知識が無いし…」となかなか資産運用に踏み込めない方に向けて、代わりに世界中の株式・債権・不動産・金・現金に投資するサービス「WealthNavi」を運用する会社です。

この記事をご覧の方の中には、「証券会社が運営するロボアドバイザーのサービスじゃ無いけれど、会社として信頼できるの?」と不安に思う方もいるかと思います。

ロボアド部的視点では、

  • ウェルスナビは他社と比較して資本金がトップクラスに多い
  • 提携会社が約8社ある
  • 安全性施策がしっかりしている
という3つの観点から、十分に信頼できる会社と評価しています。

ウェルスナビの会社としての信頼性については以下の記事で他社と比較して詳しく紹介しています。

【本当に信頼できる?】ウェルスナビ株式会社の概要を5つの項目から紹介

ウェルスナビの特徴

あなたの代わりに投資を行ってくれる以外にも、ウェルスナビの独自サービスには7つの特徴があります。

これからウェルスナビでサービスを利用しようと考えている方には知らなきゃ損!な内容になりますから、ここでしっかり理解しましょう。

特徴①:ノーベル賞受賞アルゴリズムを用いたポートフォリオ設計

ウェルスナビでは簡単な質問に答えるだけで、あなたの資産運用に対するリスクレベルを無料で診断し、1-5のどのリスクレベルに対応するかを診断します。

このリスクレベル診断では「とにかくリスクを抑えて資産運用を続けたい」という方にはリスクレベル1が、「大きく利益を追求して積極的に資産を増やしたい」という方にはリスクレベル5が当てはまるようになっています。

ポートフォリオ例

そのリスクレベルに応じて、上の画像のようにどの銘柄にいくら投資するかを振り分けるポートフォリオを作成します。

ここまでは他社のロボアドバイザーサービスとなんら変わりませんが、実はウェルスナビのポートフォリオにはノーベル賞を受賞したかなり精度の高いアルゴリズムが用いられています。

リスクを抑えて利益を追求するウェルスナビのポートフォリオイメージ図

リスクを極力抑えながら、最大限にリターンを追求できるようなポートフォリオを組み込んでくれますから、他社と比べ、より利益の見込める仕様になっています。

ウェルスナビのポートフォリオを決定するアルゴリズムに関しては、以下の記事で詳しく紹介しています。

【中学生でもわかる】ウェルスナビのノーベル賞受賞アルゴリズムとは?

特徴②:ドルコスト平均法を用いた自動積立

ドルコスト平均法の仕組みがわかる画像

積立投資とは、毎月あなたが設定した金額を銀行口座からウェルスナビ口座に自動で移行し、定期的に投資してくれるサービスです。

ほったらかしでも自動でしっかり毎月決めた額を運用してくれますから、長期的に続けやすいのが魅力です。

ウェルスナビの自動積立ではドルコスト平均法という投資先の価格が安い時に多めに投資し、投資先の価格が高い時は少額を投資するといった手法が用いられています。

後でも紹介しますが、ロボアド部の積立投資で最も利益が出ているのがウェルスナビです。

ロボアド部のウェルスナビ積立実績レポートは以下の記事で毎月紹介しています。

【2018年5月運用開始】ロボアドバイザーウェルスナビ運用実績をブログでまとめてみた

また、ウェルスナビで積立投資を始めるメリット・デメリットや始め方についても以下の記事で詳しく紹介しています。

積立投資は僕もやっていますが毎月コツコツお金が増えていくので、すごく便利でおすすめです!

やらなきゃ損?!ウェルスナビ積立投資のメリットから設定方法までを徹底解説!

特徴③:リバランスで運用の軌道修正

ウェルスナビでは運用がうまくいかない時や、逆に運用が想定よりもうまくいっているときに、リバランスという機能によって自動でポートフォリオの見直しを行い、投資銘柄を選びなおしてくれます。

ウェルスナビのリバランスイメージ図

具体的には、運用がうまくいってる時はより低リスクな銘柄に、うまくいっていない時にはより高リスクな銘柄に再投資を行います。

このリバランスによって、例えば「40年後には1000万円の資産を作りたい!」といったようなあなたの運用目標になるべく近づけることができるんですね。

投資信託では種類によってはこのリバランスに対応していないことが多く、自分でリバランスを行う必要があるものが大半です。

しかしリバランスには、どの投資銘柄が高リスクで、どの投資銘柄が低リスクなのかといった、ある程度の知識が求められるため、初心者の方が完璧に行うにはかなり難しい作業です。

そのため、ウェルスナビが投資初心者の方に選ばれるというのは必然なんですよね!

ウェルスナビのリバランスに関しては、以下の記事で詳しく紹介しています。

3つの特徴から紹介!ウェルスナビのリバランスとは?

特徴④:節税が期待できるDetax

Detaxとは、分配金の受け取りやリバランスなどによって利益から生じる税金を、保有している銘柄の含み損と利益を相殺して税金を安くするです。

Detaxの仕組みを表したイメージ図

このDetaxはロボアドバイザーの中でもウェルスナビにしか無いサービスとなっています。

どれぐらい節税できるか運営に問い合わせたところ、

ウェルスナビのDetaxによってどれぐらいの節税が見込めるかを運営に問い合わせ、かえってきた返事

統計的に、年間で預け入れ資産の約0.4%-約0.6%が節税できているようです。

100万円で運用していたら、年間で約4000円-6000円が節税できている計算になりますね。

ウェルスナビのDetaxに関しては、以下の記事で詳しく紹介しています。

【便利すぎる】ウェルスナビのDeTaxとは?実際問い合わせして確認!

特徴⑤:お釣り分を自動で積立できるマメタス

マネーツリーという家計簿アプリと連動させることで、クレジットカードによる買い物で発生したお釣り分を自動で積立投資に回してくれるウェルスナビ独自のサービスです。

積立投資をしていても、「今月は出費が多いから積立できない!」といったように、お金の管理が苦手で、毎月の積立を途中で挫折してしまいそうな方でも、無理せずコツコツと積立投資が続けられます。

マメタスで実際に積立をはじめ、8月には35,042円、9月には19,603円の積立ができたことを表す画像

実際に利用してみると、無意識にけっこうな額を積立投資に回せていて、びっくりしました。

マメタスのメリットやデメリット、口コミに関しては以下の記事で紹介しています。

お釣りが自動的にウェルスナビの口座にお金を入金していくれるので、生活しながらでも簡単に投資をしてくれます!

【お釣り投資】ウェルスナビのマメタスとは?メリットデメリット・口コミも紹介

特徴⑥:初心者でも使いやすいアプリ

ウェルスナビのアプリは無料で利用でき、アプリで資産を管理しているイメージ図
WealthNavi(ウェルスナビ) で全自動の資産運用を

WealthNavi(ウェルスナビ) で全自動の資産運用を

WealthNavi Inc.無料posted withアプリーチ

ウェルスナビではスマホアプリから、

  • 運用プラン診断
  • 入金
  • ポートフォリオ管理
  • 積立
  • 出金
が行えます。

個人的にはアプリのデザイン面ではtheoの方が好みですが、使いやすさで言ったらウェルスナビですね。

アプリで運用プランの診断から入金までが行えるので、PCを開いて何か難しい作業をする必要は一切ありません。

初心者の方でも簡単に使いこなせる仕組みになっています。

ただ、ポートフォリオの保有銘柄がtheoと違って一覧で見れないのは、是非とも修正して欲しいなと思いました。

画像を参考にアプリの使い方をマスターしたいという方は以下の記事を参考にしてください。

→「Coming soon…」

特徴⑦:証券会社レベルの安全性

ウェルスナビでどんな安全性施策を行ってるかがわかる画像

ウェルスナビには、

  • 資産の分別管理
  • 二段階認証
  • 投資保護資金
  • SSL暗号化
といった4つの安全性施策が採用されており、theoや楽ラップといった他社のロボアドバイザーサービスよりも安全性施策が徹底しています。

ちなみにロボアド部の調査では、theoや楽ラップには二段階認証がありませんでした。

もちろんそれだけで安全性について評価するのもどうかとは思いますが、せっかくはじめるなら少しでも安心できる会社で始めたいですよね。

他社と比較したそれぞれの安全性施策の仕組みを詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

【これで安心】ウェルスナビの安全性と信頼性を他社と徹底比較!

ウェルスナビの実績

一番気になるのは、「 ウェルスナビってどれぐらい利益出てるの…?」ってところですよね。

ここでは、ウェルスナビ公式サイトが発表している実績と、実際にロボアド部が運用してみた実績を紹介します。

ウェルスナビの公式実績

リスク許容度 累計元本額 資産評価額 リターン
1 196万円 212万円 +8.3%
2 196万円 224万円 +14.1%
3 196万円 232万円 +18.3%
4 196万円 240万円 +22.2%
5 196万円 245万円 +24.8%

転載元:ウェルスナビ公式HP

公式が公開しているこの実績では、2016年1月から2018年9月までで、100万円の資金からスタートし、毎月3万円を追加で積立した場合のモデルケースです。

累計元本額が最初の投資資金と積立額の合計となり、資産評価額が2018年9月時点の口座残高です。

要は、リスクレベル5では2年8ヶ月の運用で49万円の利益が出てるってことですね。

全てのリスクレベルで利益が出ていることはもちろん、リターンがかなり大きいですね。

ウェルスナビの公式実績を他社と比較

ウェルスナビ THEO 楽ラップ
リスクレベル 5 グロース81%
インカム17%
インフレヘッジ2%
1000900
集計開始日 2016年1月19日 2016年3月1日 2016年7月4日
集計終了日 2018年9月30日 2018年6月29日 2018年9月28日
手数料 利回りに含む 利回りに含む 利回りに含まない
合計利回り 24.8% 28.04% 33.61%

公式で公開されている運用パフォーマンスはサービス開始日が会社によって異なるため、あくまで参考程度にご確認ください。

2018年上半期ではウェルスナビの運用実績が最高でしたが、2018年の下半期に世界的な株安が発生し、利益率も落ち込んでしまいました。

テオが公式で発表している運用実績はこの世界株安期間を反映されていない期間となるため、下半期の世界株安期間を考慮すると実際はテオよりもウェルスナビの方が利回りでは勝っています。

顕著に運用利回りの高い楽ラップは、運営に問い合わせたところ、楽ラップのポートフォリオが国内銘柄に多くの比重を置いた設計になるため、世界株安の影響を限定的に高いパフォーマンスを発揮できたと教えていただきました。

ただ、楽ラップの運用利回りには利用手数料と信託報酬が差し引かれていないため、実際の運用では上記の利回りよりも下回ります。

ロボアド部の運用実績

ロボアド部のウェルスナビ運用実績

ウェルスナビのリスクレベル5で運用を開始し、5ヶ月目となります。

米国の政治不信により世界的な株安の影響を受け、ウェルスナビは15332円の損失となっています。

残念ながらテオも損失となっています。

あくまでロボアドバイザー投資は長期投資が前提なので、直近の損益は考慮せずながーい目で見守っていくことが大切ですね。

始めるタイミングが悪かったのでうまくいっていませんが、上の公式実績でも紹介したように継続すれば結果は付いてきますよ!

ロボアド部の運用経過はウェルスナビ、テオ共に継続的にレポートとして公開していきます。

以下の記事で【大手2社】ロボアドバイザーの運用実績を随時更新していきますから、ぜひブクマして継続的に参考にしてください。

【大手2社】ロボアドバイザーの運用実績を大公開!公式実績も紹介

また、他のブロガーさん方も素晴らしい運用結果をレポートで紹介されています。

以下の記事でウェルスナビの実績を公開されているおすすめのブロガーさんをまとめさせていただきました。

要チェック!ウェルスナビのガチ実績が知りたい人にオススメ厳選ブログ6選

ウェルスナビの手数料

利用手数料 信託報酬 合計手数料
ウェルスナビ 1.0% 最大0.14% 最大1.14%
運用額3,000万円以上の場合 0.5% 最大0.14% 最大0.64%

ウェルスナビの手数料は、年間で1.0%〜1.14%となります。

ウェルスナビの公式サイトでは1%と表記されていますが、実際に利用すると【信託報酬】という手数料が追加で発生します。

この信託報酬とは投資信託側に支払う手数料になるので、ウェルスナビに支払う手数料ではないです。

しかし実際にウェルスナビで運用すると年間で1%を超えますから注意してください。

かなり少数の方になるとは思いますが、運用資金で3000万円を超える方はウェルスナビの利用手数料が0.5%となり、信託報酬を合わせても年間で最大0.64%まで手数料が減少します。

ウェルスナビは他社と比較して手数料が安いのかに疑問に感じている方は、以下の記事を参考にしてください。

衝撃的な事実がわかると思います!

ウェルスナビ手数料は実質安い!メリット/デメリットと比較

また、ウェルスナビには長期で運用するほど手数料が減少する長期割という独自のサービスがあり、条件次第ではよりお得に利用することができます。

長く運用するほど手数料がお得になる長期割

ウェルスナビ長期割イメージ図

ウェルスナビの長期割では、最大で利用手数料が0.9%まで減少し、信託報酬と合わせても合計で最大1.04%まで手数料を抑えることができます。

  • 入金額が50万円以上であること

→50万円に満たない入金は長期割の対象外となります。

  • 半年ごとに0.01%ずつ減少し、最大0.9%まで

→5年半年以降は手数料が0.9%になります。

  • 出金を行うと手数料は元に戻る

→一度でも出金を行うと元の手数料に戻り「再スタート」となります。

  • 200万円以上の入金で半年ごとに0.02%ずつ減少する

→200万円以上の入金で3年以降から手数料が0.9%になります。

以上の条件を満たす場合は、長期割によって年間で最大0.1%の手数料を減少させることができます。

ただ、3,000万円以上を入金し元々の利用手数料が0.5%の方や、【WealthNavi for SBI】などの提携会社が運営するサービスを利用している方はこの長期割サービスを利用することができません。

長期割を適用した他社との手数料比較も知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

【手数料業界最安値!】ウェルスナビしかないお得な長期割とは?

利用してわかった!ウェルスナビのメリットとデメリット

上でも紹介したウェルスナビの特徴から、僕が利用してみてわかったウェルスナビのメリット・デメリットを紹介します。

ウェルスナビのメリット

投資初心者の方でも使いやすい

おそらくウェルスナビを利用しようと考えている方の大半は、投資を行ったことがない初心者の方でしょう。

ウェルスナビでは、

  • 口座開設
  • 運用プラン設定(簡単な質問に答えるだけ)
  • 入金
といった簡単な3ステップで運用がスタートでき、他に何もせずとも運用を行ってくれます。

また、損益や投資銘柄などの運用状況をアプリで簡単に確認できますから、使い方がわからなくていちいち検索…なんてことをせずとも使いこなせるでしょう。

個人的には、疑問に思ったことをカスタマーサポートにメールで相談した時も、担当の方の対応が丁寧で、質問にすぐ答えてくれて好印象でした。

高い運用パフォーマンスが期待できる

ウェルスナビにはノーベル賞を受賞したアルゴリズムと定期的なリバランス機能によって、サービス開始から現時点(2018年10月21日時点)までで+24.8%と高い実績を残しています。

また、Detaxによって運用資金に対して年間平均で約0.4%-約0.6%の節税効果が見込めますから、他のロボアドバイザー会社と比較しても最高水準の運用パフォーマンスが期待できます。

安心して利用できる

ウェルスナビはロボアドバイザー会社の中でも、口座開設数・預かり資産ともにNo1です。(2018年10月時点)

参考元:一般社団法人 日本投資顧問業協会

一番利用されてるとともに、上の特徴でも紹介したように高い安全性施策が採用されていることから、最も安心して利用できるサービスと言えるでしょう。

ウェルスナビのデメリット

NISA口座に対応しない

NISAとは、資産運用で発生する一定の利益を非課税にできる制度です。

ウェルスナビなどの投資をお任せする一任型のサービスでは、NISAに対応しないため利益に対してそのまま税金が発生します。

ウェルスナビの利益にかかる税金は、あとで紹介するウェルスナビの税金を参考にしてください。

もしNISAによる節税制度を利用したい方は、ウェルスナビやtheo、楽ラップなどの一任型のサービスでなく、面倒でも自分で運用するアドバイザー型の投信工房などのサービスを利用した方がいいです。

NISAに対応できるアドバイザー型のサービスを詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

【ウェルスナビは非対応】NISAが利用できるおすすめロボアドバイザー

急な相場変動に対応できない

投資相場の価格変動では、過去にもリーマンショックのような急激な下落がまれに発生しました。

ウェルスナビの運用は長期投資が前提となる自動運用のため、急激な下落が発生している時にすぐに決済をすることができません。

急激な株価下落でウェルスナビの評価額も減少したことがわかるイメージ図

実際に過去の急激な相場の下落時には大きく資産評価額が下落していることがわかります。

もちろん長期的な目線で見ればウェルスナビはしっかり利益がでていますが、はじめる時期によっては短期的な相場の下落によってしばらく含み損を抱えてしまうこともあり得るでしょう。

提携会社によるデメリット

ウェルスナビには8社の提携会社があります。

しかし、そのような提携会社によるサービスは、公式のサービスには無い以下の3つのデメリットがあります。

  • 入金が30万円からのサービスがある
  • キャンペーンが受けられない
  • 長期割が対象外
確かに提携会社でウェルスナビのサービスを行えば、提携会社が独自で提供するサービスにも恩恵が受けられます。(提携会社のANAだったらマイルが貯まります。)

しかし、基本的には提携先となる会社のサービスを利用していない方は公式のウェルスナビで始めた方がいいです。

ウェルスナビの口コミ・評判

ここまでは ウェルスナビの特徴や、僕が実際に利用してみての体験談を紹介しました。

中には「もっと色々な人のリアルな感想が知りたい」と思ってる方も多くいらっしゃるのでは無いでしょうか?

そこでここでは、ウェルスナビを実際に利用している人の口コミや評判をまとめて紹介します。

これからウェルスナビをはじめる方には、いい評判よりもどちらかと言うと悪い評判を知れた方が参考になるかと思いますので、ここでは悪い評判を少し多めにまとめていきます。

ウェルスナビの悪い評判

やはり手数料が高いことへの口コミが多いです。

ウェルスナビと他のロボアドバイザーサービスは手数料に大きく差があるわけではありませんから、主に投資信託とロボアドバイザーサービスで迷っている方にこういった口コミが多いですね。

ロボアドバイザーサービスは、完全自動で運用からリバランスまで何でもやってくれるので、投資初心者で手間をかけたくないという方に向いています。

投資の勉強もできるし、少しでも割安ではじめたいという方には、ウェルスナビよりも投資信託を利用した方がいいでしょう。

何もしなくていいので投資の知識が付きづらいといった側面もあります。

投資に詳しくなりたいという意思をお持ちの方は、投資信託から始めてみるのがいいでしょう。

中には、自分の好きなタイミングで売買ができないということで解約される方もいるようです。

確かに、世界的な株価の下落が発生した場合はウェルスナビも分散投資をしているとはいえ、含み損は避けられません。

よりリスクを分散させたい方は、積立NISAなどに分散投資をするのもいいでしょう。

ウェルスナビのいい評判

投資信託に比べると、ウェルスナビの手数料は確かに割高ではあります。

ただ、実際に利用してみると高いと感じるかどうかは人によりますね。

ウェルスナビとテオはポートフォリオのアルゴリズムが異なります。

よく比較されるウェルスナビとテオの大手2社ですが、実績・使いやすさを比較しても確実にウェルスナビの方がおすすめです。

手数料に関しては2社とも大して変わりませんね。

ウェルスナビの評判・口コミに関しては、以下の記事でより幅広くまとめています。

ウェルスナビを徹底解剖!リアルな声がわかるTwitter口コミ/評判総まとめ

ウェルスナビのはじめ方

ウェルスナビのはじめ方は、

  1. 口座開設(20分ほど)
  2. 入金(最短5分ほど)
  3. 積立の設定(3分ほど)
で始めることができます。

「勉強する気も起きないし、預金口座にお金を預けておくのも無駄だしな…」なんてお悩みの方は、ぜひウェルスナビで資産運用を簡単に始めてみましょう。

また、無料であなたにあった運用プランを診断することもできますから、下のボタンから気軽にウェルスナビの公式ホームページを参考にしてみてください。

上記3ステップに加えて、キャンペーンや特定口座の開設など、ウェルスナビの始め方を手取り足取り教えて欲しいという方は、以下の記事を参考にしてください。

これで完璧!ウェルスナビの口座開設から運用まで画像で徹底サポート

ウェルスナビにかかる税金について

上でも紹介したように、ウェルスナビでは独自のDetax機能による節税が行えますが、NISAに対応しないため利益分には税金が発生します。

ウェルスナビで発生する税金は、利益の20.315%(=所得税15%+復興特別所得税0.315%+住民税5%)が課税されます。

ただ、特定口座ではじめることで自分で確定申告をする必要がなく、勝手に税金が引き落とされるように設定できますからオススメですよ。

ウェルスナビで発生する税金から特定口座については、以下の記事で詳しく紹介しています。

ウェルスナビで確定申告は必要?特定口座と一般口座を比較して紹介

まとめ

いかがでしたか?

今回はウェルスナビについて網羅して紹介しました。

ところどころリンク化して関連づけた記事も参考にしていただければ、もうウェルスナビについて勉強する必要はないでしょう。

きっとこの記事をご覧になっている方の中にも、「勉強はしたくないし、手間もかけたくないけど投資で資産は増やしたい」といった方は多くいらっしゃるんじゃないでしょうか?

そんな方こそウェルスナビを利用するべきです。

しかし、「投資の勉強は苦じゃないし、手間がかかったとしても、少しでもお得に運用したい」という方がウェルスナビをはじめると、あとで後悔することになりかねません。

というのもこの記事で触れた通り、ウェルスナビは投資信託と比べて手数料が割高であり、NISAの恩恵を受けることができないからです。

これから資産運用を始められる方は、しっかり自分にどんな投資が適しているのかを理解し、あとで後悔することのないよう気をつけてくださいね。






【冬のボーナス】ウェルスナビキャンペーン実施中!

入金額に応じて最大30,000円をプレゼントするキャンペーン!将来に備えた資産形成のために、ぜひ本キャンペーンをご活用ください。