【実績公開】ウェルスナビが損失(マイナス)になった時にやっておくべき4つのこと




アツシ
どうも、ロボアド部のエンドウアツシ(@roboadvu)です。

あなたは、今ウェルナビを利用していますか?

ウェルスナビを運用していない人であれば

「ウェルスナビって実際どれくらいの損失でるの?」
「ぶっちゃけ損失でるなら結構不安なんだよねー」

など不安や疑問が多くあると思います。

ウェルスナビを運用している人であれば、

「ウェルスナビで損失出てるんだけど大丈夫かな?」
「損失が出たらどうすればいいの?不安だなー」

など運用している人ならではの不安があると思います。
ウェルスナビは、資産運用になりますので損失はもちろんでます。

しかし、損失が出たとしても焦ることはありません。

しっかりとした行動をすれば、損失を気にすることなく安心してウェルスナビを続けていけるでしょう。

そこで今回は、ウェルスナビが損失出たときにやっておくべきことを4つ紹介したいと思います。

ウェルスナビを利用していない人でも利用している人でも必ずためになる情報を紹介しているので、気軽に読み進めていってください。

それでは、レッツゴー

まずは僕のウェルスナビ現在の実績公開します。

ウェルスナビ(ポートフォリオ)

現在(2018年7月16日時点)ウェルスナビの運用成績が+2274円になります。

ウェルスナビの運用は、これで3ヶ月目になりますので少しずつですが増えて行っています。

いきなり、プラスになっただけではありません。

ほんの先月までずっとマイナスでしたので、次で損失も紹介しますね。

損失時点(2018年5月末)での実績

ウェルスナビ(ポートフォリオ2)

2018年5月末までずっとマイナスでした。

特に日欧株、新興国株の損失が大きいですね。

この時は、毎日暇さえあればウェルスナビを開いてチラチラみて損益を確認していました。

「え?たかが-2895円でそんな気にする?」

って思う方もいらっしゃいますよね。

別に不安になってチラチラ見ていた訳ではなく、単純に赤字のマイナスが早く消えてくれないかなーとずっとスマホとにらめっこしてました。

別に、スマホをにらめっこしたところで、損益は変わらないのにね…

少ない損失ですが、僕なりになぜ損失になったのかを分析してみたところ以下のような発見がありました。

なぜ損失になったのか

クエスチョンマーク

理由として2つ挙げられます。

  • 日経平均の下げ
  • 新興国株の下落
5月全体は、株価が下落気味だったのでウェルスナビも損失になってしまいました。

日経平均株価の下げ

日経平均株価

業績の良い銘柄が少しずつ買われている傾向にあり、一時は3カ月半ぶりに節目の2万3000円台に乗せたがその後は利益確定の売る動きが広がりました。

トランプ政権のリスク回避+日経平均の節目として一回ここで利益確定しようとする動きが重なったと思われます。

新興国の株価に下げ

市場全体がリスクオフの状態になり、新興国の銘柄に対しての投資力が弱まりました。

これはアメリカの経済成長に原因があります。

高い成長を期待していた新興国通貨からお金を引き出し、アメリカのお金を移動しつつあります。

市場のお金を一回引き出してから、7月以降へ新たな投資先を模索する時間となっていたでしょう。

損失になった場合どうすればいいのか

ウェルスナビで損失になった時は以下の4つの方法を取ることがいいです。

  • 損失になった理由を探る
  • リバランスをする
  • あくまで長期的な投資なので損失を見送る
  • 追加投資をする
1つ1つ詳しく説明していきますね。

なぜ損失になったのか理由を探る

あくまでウェルスナビは、自動でやってくれるものなので必要はないですが僕は、損失になった時には毎回上記のように分析しています。

市場全体を理解することによって追加の投資のタイミングとかを探ったりしています。

やらなくてもいい場合がほとんどですので、経済の知識があまりない人はできないことも多いのですので日経新聞を読んだり、ニュースを見たり、今、世界で何が起こってるのかくらいは把握しておきましょう。

診断の見直し、リバランス

ウェルスナビ(ポートフォリオ)

僕も間違ったことがあるのですが、ウェルスナビで損失がでた場合、運用方法自体が間違っている可能性があります。

ウェルスナビの無料診断の設定が間違っている可能性があります。

収入が間違っていないですか?
金融資産を間違っていないですか?

もう一度見直してみましょう。

ウェルスナビの無料診断は、間違ってしまうと自分にあった運用方法で運用をしてくれません。

収入が少ないのに、リスクの高い投資先に投資してしまったり、収入や金融資産が多いのにも関わらず、リスクの低い運用方法になってしまいます。

しっかりと正確にミスのない無料診断をしましょう。

長期的な投資なので損失を見送る

ウェルスナビはあくまで長期的な投資です。

もし現在損失をになってしまってもそんなに気にすることがありません。

あくまで長期投資が目的なので、気長に待つことも必要です。

だいたい、相場は5年に一回くらい大きな暴落があると言われております。

その暴落があったとしてもウェルスナビは、コツコツと長期的に利益を出している実績があります。

何もしないことがウェルスナビの最大のメリットなので、ゆっくりと時間をかけてお金を増やしていきましょう。

ウェルスナビのメリットを知りたいならこちらの記事を読んでもらえれば5分でわかります。

【実績公開】評判のウェルスナビとは?(メリットデメリット/取引入金方法)を完全解説

むしろ追加投資もあり

これは、1つの選択肢でしかありませんが、損失が出たら追加投資も頭の中に入れてもいいですね。

実際、僕もウェルスナビで損失が出た時に2万追加しました。

安いところで買って、高いところで売るということを心がけていきましょう。

この追加投資は、上級者向けなので全く相場のことを知らない人は、追加投資はおすすめしません。

まとめ

いかがでしたか?

簡単に今回の記事のポイントをおさらいします。

記事のポイント

  • 損失になった理由を探る
  • リバランスをする
  • あくまで長期的な投資なので損失を見送る
  • 追加投資をする

こちらの4つを行って、ウェルスナビをしっかり利用できるようになりましょう。






【冬のボーナス】ウェルスナビキャンペーン実施中!

入金額に応じて最大30,000円をプレゼントするキャンペーン!将来に備えた資産形成のために、ぜひ本キャンペーンをご活用ください。