【1ヶ月目】ロボアドバイザーTHEO(テオ)運用実績経過レポート




アツシ
どうも、ロボアド部のエンドウアツシ(@roboadvu)です。

僕が運用をしているTHEOの運用レポート1ヶ月目を紹介したいと思います。

ウェルスナビと併用してTHEOも運用し始めました!

「THEOって実際どうなの?」
「利益上げられているの?」

などの疑問があるかと思います。

そこで僕が、実際に10万円を入れて、運用レポートを公開していきます。

記事の投稿日は2018年9月11日となっていますので、それまでの結果を報告します。

THEOの運用の迷っている人や実績をみて参考にしたい方などはご覧ください!

いつから始めた?

テオ 資産推移

2018年7月30日から運用から10万で運用を開始し、現在2018年9月11日です。

毎月1万円の積立をしてコツコツ運用資金を増やしています。

購入銘柄

THEOで購入した銘柄は以下のようになっています。

グロース

テオ購入銘柄

グロースは、株式などのハイリターンの銘柄の投資のことをいい、高い利益を求める運用方法になります。

  • VOE米国の中型の割安株
  • VGKユーロ圏の大型株
  • VTV(米国の大型の割安株)
  • VPL(アジア太平洋地域の先進国の大型・中型株)
  • EWJ(日本株)
  • EPI(インドの株)
  • EPP(日本を除くアジア太平洋地域の先進国の大型・中型株)
  • EWT(台湾の大型株・中型株)

インカム

テオ(インカム購入銘柄)

インカムは債権を中心に投資することをいい、バランスを保った運用を行ってくれます。

  • IEF(残存期間7-10年の米国債)
  • VMBS(米国政府機関が発行・保証した投資適格のモーゲージ・パススルー証券)(住宅ローン担保証券)

インフレヘッジ

テオ(インフレヘッジ購入銘柄)

インフレヘッジは、金などの実物資産を中心に投資をすることをいい、以下の銘柄に投資をしています。

  • IGF(インフラ関連株)
  • IAU(金現物)
  • DBC(コモディティの先物)
  • SLV(銀現物)

現在の運用実績

テオ(運用実績)

-2523になっています。

8月の相場は、ブリックスの再燃なども含めて欧州の株価が落ち込んで、日経もひきづられてしまいました。

その結果THEOも損失になってしまいました。

ポートフォリオ

テオ(資産運用方針)
  • グロース68%
  • インカム23%
  • インフレヘッジ9%

のように、グロースに重きをおいたアクティブな運用になっています。

リスクも少し取り、利益を積極的にとるようなポートフォリオにしています。

感想

1ヶ月目の運用は、マイナスで終わりました。

イギリスのブリックスの再燃もあって、株価も低迷していて、経済の状況もあまりよくなかったのが原因です。

THEOは、アクティブな運用になってくるので、株価がしっかり上昇をしていけば、しっかり利益を出すことができます。

2ヶ月目の経過レポートもしっかり掲載していくので、期待していてください!






【冬のボーナス】ウェルスナビキャンペーン実施中!

入金額に応じて最大30,000円をプレゼントするキャンペーン!将来に備えた資産形成のために、ぜひ本キャンペーンをご活用ください。